This Archive : 2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

最後の落とし穴

どうも、青森に18年間住んでいながら
「りんご・・・加工品は好きだけど、そのままは別にいらない」

という、なんともわがまま娘だった
若かりし頃を思い出す妊婦、もてぃこです。こんにちは。

今は、毎日母が剥いて食べているりんごを
8分の1切れだけ(涙ぐましい体重管理のため)頂き
「うめーうめー」
と、泣いて喜ぶ津軽っ子になりました。


親元を離れてみると、食べ物のありがたみが身にしみますが
故郷の食べ物の良さも、再発見です。

今年の青森りんごは
度重なる雹の被害で、傷が付いているものがほとんど。
味は美味しいのに
傷だけで、市場価格が半額になったりしています。


こんなに安くて美味しいりんごを買えるチャンスはもうないかもよ!
見かけたら、見た目を気にせず買ってみましょう☆



さて

地元のりんご農家に貢献したところで
今日の本題。



10月の最後、8ヶ月も半ばになった日。

東京で、最後の検診を受けました。

ココにもたくさんお世話になったなぁ
地元の病院、いいところだといいなぁ

そんなことをしみじみ思いながら
ラストエコー@東京砂漠。

様々にワタシを襲ったトラブルも
この頃にはすっかりナリを潜め
いつもすくすく育つ様と
可愛いお顔や、立派なチンチンを
見せてくれていた我が子。


走馬灯のようによみがえってき・・・・


先生「あ、あれ!!!?」


ワタシ「な、なにか???」



「うん、あらー・・・」

img102sakago.jpg

最後の最後に爆弾投下 Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

先生「・・・・・・・今の今まで、一度も逆子じゃなかったのにねぇ・・・」

ワタシ「・・・・・・・・・ハ、ハイ」

先生「・・・・・ま、大丈夫、でしょう・・・」

ワタシ「・・・はぁ・・・」

先生「頭は重いから、お母さんが立つと、頭をまた下に向けますよ。
    あ、でも一応、今日から右向きで寝てみるといいかも」



ということで

初めて訪れる地元の産院に
「逆子、どうなってますか?」
という質問をぶつけなくてはいけなくなり

無駄に緊張感を増すことになった、最後の東京検診でした。


ちなみに

その後、数日経つと
キックの向きが、膀胱側から肋骨側に移動したような気配があり
なんとなく、「あ、治ったな」と思いまして。

地元の産院でも
「治ってるね」
と言われました。とさ。

めでたしめでたし。

(お母さんが立つと、頭が下になるといわれたことで
 この日から、更に散歩の時間を長くしたのは言うまでもない)


banner_02.gif←旦那ちゃんも「治れー!」といいながら
←日々、腹を円状に撫でてました。
スポンサーサイト
COMMENT : 5
TrackBack : 0

雷に打たれたようだ

どうも、先日の検診で
「毎晩1時間、時間を作って、胎動数を計ってね」
との命を受けた妊婦、もてぃこです。おはようございます。

胎動数・・・

そりは一体、なんなのさ。

というと

ボコン、で1回。グニョでも1回。
ボコグニョグニョボコ、だと4回。

という風に
1時間の間に、胎児がどれだけ動いたかを数えろ

ってことで。

うん

お察しのとおり、超めんどい、超大変。

まぁ
ぼちぼち、いつ産気づいてもおかしくなくなってきている妊婦さんに
胎児の緊急的ぐったり感を教えるのは
胎動の減少ですからね。

一生懸命数えては

「正」の文字をメモしてます。

一昨日、初めて数えたときは、神経を集中させすぎたあまり
胎児にも緊張が伝わったとみえ
1時間に23回、という、非常におとなしい結果になったんですが
(ちなみに、1時間に10回以下だと、即連絡せよ、とのことです)

昨日は

なんと

78回
も動いてくれちゃって(;´Д`)

しかも
途中から
しゃっくりも混ざったから、それは除いて数えるという
なんともかんとも

読書がはかどらねぇったら。


でも
元気なので良しとします。うん。ふふ。
久しぶりにあんなに「正」の字を書いたよ、ママってば・・・


さて


前置きが長くなったので、さらりと行こう。
今日の本題。

後期に入って、体調もすこぶるよく
また、秋のすがすがしい天気の元
散歩をたくさんしていたのは
ブログの冒頭でも結構書いてましたから、ご存知のとおり。

そんな
アクティブ妊婦に襲い掛かる

ピシャーン ズゴーン ウゴゴゴゴ

という痛みの嵐。

img101zakotsushinkeitsuu.jpg

歩くのも困難なほどに( ;゚皿゚)クヒー


あちこち心配してさすってくれる旦那ちゃんにも
あまりの痛さに、どこが痛いのか、適切に伝えることが出来ない。

よく
妊婦は腰痛になる

と聞いていた上に、もともと腰痛持ちなので
旦那ちゃんも、腰痛かな?と思ったようですが
どうも趣が違う。

「この辺?」と、微妙に違うところをさすられ
「う・・・う~ん・・・ちょっと違うっていうか・・・」
と声なき声で訴えると

急に思いついたように

「あっ!!!もしかしてここじゃね???」

と手のひらでぐいぐい。

そ、そ、そ
ソコだーーーーーーーー!!!!


と感激しながらさすってもらったソコは

両おケツの、ど真ん中。
(引き締まった男性だと、キュってくぼむ部分)

これは一体何なのでしょうか。
この痛みは今も、動きすぎたり疲れがたまるとドガーンと襲って
歩くことも座る事も困難にさせるんですけど。



調べたところ

病名ではなく、症状の名前なんですが

「坐骨神経痛」

と判明。

腰痛持ちや、ヘルニアの手前の人が、よくなる症状らしいです。
お腹が重くなるほどに、痛みも増してきているので
出産のとき、その痛みは、「お尻の骨が砕けるようなイメージで」
と、あえて自分を奮い立たせております。

産後、しっかり骨盤戻して
この痛みと確実におさらばしたいものです。

ちなみに
旦那ちゃんは、中学時代、サッカーで
よくココが痛くなったので、さする場所を当てられたのでした。

banner_02.gif←親にケツを差し出して
←「ちょ、揉んで」とか、今のところいえません
COMMENT : 10
TrackBack : 0

バランスよく生きることの難しさよ

どうも、昨日は2週間ぶりの検診だったんですけど
東京の産科医とは違い
エコー写真も貰えず、推定体重もわからなかった
がっかり妊婦もてぃこです。こんにちは。


聞いたら

「それは前回やったから、今回はナシだよ」

とか。

いやいやいやいや


ナシとかじゃねぇだろ。
だったら1ヶ月に1回の検診でいいじゃん。
何の目的で来たかわかんないし。




心の中だけで罵声を浴びせて帰宅w


いや
血液検査とか、尿検査とか、逆子チェックのための、簡単なエコーとか
そういうのはやったんですけどね。



貧血で鉄剤出されてね。

病院のスグとなりに調剤薬局あります、って言われて行ったら、改装中で。
仕方ないから別のトコ行ったら、1時間待たされてね。


いや

キレてないっすよ。

俺キレさせたら、大したモンっすよ。


朝から
「体重教えてね☆」
と、ウキウキメールを送ってよこした旦那ちゃんにも
報告することがなくてね。

いや

キレてないっs(ry



途中で産院を変えると
当たり前だったことが全部当たり前じゃなくなるので
里帰り出産も、かなり良し悪しです。

2人目は絶対に東京で産もうっと・・・。



さて

胎動というものは
その名のとおり、胎児がごろんごろんと動くので
母体も気がつくし、注目も出来るんですけど。

それとはちょっと違うお話。


パソコンなどをしていて
椅子に座ってボーっとして

ふと

視界の端になんだか、違和感を覚えたある日。
じっくり見てみると、どうも様子がおかしい。


img100yugamuhara.jpg


腹のふくらみに偏りが (;゚д゚)ゴクリ…

でも

動きはなく
静かなること山の如し、なわけで。

前に突き出ているはずのお腹。
いくら動いても、揺れることはあれど
どちらかに偏った事なんて、あったっけ・・・

そんな考えが頭を支配するけれど

まぁ
別に痛くも痒くもないし

大きく動いて、そのポジションを嫌がる感じもないし

しばらく様子を見て放っておき
気づいたら、また普通に戻ってました。

私たちがベッドから落ちそうになるくらい端で寝たり
時々、90度回転で垂直に寝てたりするように(あれ?ない?)

胎児も寝相が悪いときがあるのかもしれないなぁ

と思ったのでした。
(ちなみに偏りに気づいたのは、今までで2回だけ。
 同じような経験した人っているかなぁ)

banner_02.gif←体重は2週間で2キロ増えてて「…すっごいね(超能面)」と言われましたw
←でも運動しすぎて腹筋付いて、腹囲は減ってたYO
COMMENT : 5
TrackBack : 0

伝わるリズム

どうも、いつもより、1時間早く目が覚めたので
布団の中でボーっとしてたら、両親が起きる音が聞こえ
てことは
朝ごはんが出来るまでまだまだだなぁ・・・


もう一度目を閉じたところ

小魚の内臓をたくさん取り出し、それを股間に塗りたくった
相当レベルの高い変質者に
にじり寄られる夢を見ました。

超怖かった。・゚・(ノД`)・゚・。


文章にすると
ものっっすご、馬鹿馬鹿しいけどもw


さて


妊婦が8ヶ月にもなると
お腹の子も当然、外に出られるほどに成長してくるわけで。

少しずつ、人間らしさを腹の中で作り上げ
母のあずかり知らぬところで形成されたそれを
腹の中から顕示してくれます。


今日はそんな胎児の片鱗を見たお話。

img099syakkuri.jpg

なにやら早鐘が打たれる子宮

ワタシの鼓動のリズムより、ずっと早い
でも、非常に規則的な痙攣が
子宮から伝わってくるのです。

始めての経験に、戸惑うワタシ。

何となく、その正体がなんなのかの目星はつけど
戸惑いや、心配は消えません。

ただ

そっと腹に触れると
その早鐘が、手にもバッチリ伝わってくるので
旦那ちゃんにも触らせました。



その数日後の検診で
早鐘の正体を確かめたところ

やはりそれは、目星通り

しゃっくり

と判明。


「びっくりしたと思うけど
 外に出てからの呼吸の練習だからね。大丈夫だよ。」

と言われ、胸をなでおろしました。

そうか
お前、外に出るために一生懸命練習してたのか。

その後も
何度かしゃっくりが起こるたびに
頑張って出ておいで。一緒に色んなところで、おいしい空気を吸おう。
と話しかけております。

冬の青森の空気は
肺がきゅうっと痛くなるほど冷たいけれど
澄んでいて、とっても綺麗で美味しいんだよ。


banner_02.gif←連休になると
←旦那ちゃんと「今日は何する?」と話せないのが寂しい
COMMENT : 7
TrackBack : 0

ドラゴンボールでいうと

どうも、昨夜は深夜3時過ぎまで飲み続けた旦那ちゃんからの

「ごめん、はめ外し過ぎた上に、充電切れて連絡できなかった☆」

というメールで
すっかり氷点下の部屋で、目が冴え
怒りと寒さに打ち震えながら
寝不足の1日を覚悟している妊婦、もてぃこです。こんにちは。


何がむかつくって
飲んだことでも、遅くなりすぎたことでもなく

『携帯を、つながる状態で維持する事すら出来ない意識の低さ』だ。

33週の妊婦から
何かあったという連絡が来るかもしれない
という感覚が、まだ足りない・・・

そしてこれは
年末の飲み会ラッシュの序章に過ぎないという恐ろしさ。


あーやだやだ。




さて

そんなちょっぴり仄暗いwオープニングを吹き飛ばすべく
明るく楽しく仲良し夫婦と、胎児の1コマをご紹介。


後期に入っての胎動は
雑誌などによると

「お産に向けて徐々におとなしくなっていく」はず。




まぁ、8、9ヶ月くらいは
一番活発な時期といってもいいんじゃないでしょうか。

だって
キックやパンチする体は、今までよりずーっと大きいわけだから
動きそのものが小さくても、腹に伝わる衝撃は相当なものですよ。




あまりにも活発に動くので
手を当てるのではなく
観察することにした2人。


img098taijieirian.jpg

どう見てもエイリアン(今にも飛び出しそう!)

こんなにグニョングニャンと
左右上下に波打たれると

「肉眼で見れるなんて感激!」
という感覚より
「この生命力・・・腹の中にとどめておいたら、こっちがキケンなんじゃ」
という方が、ワタシ的にはしっくりきました。


そして
眺めながら、ふと思う。



この冒頭のシーンのように
飛び出てきたら、死ぬな。って。


母は所詮、宇宙船なのかもしれない・・・

banner_02.gif←昨日の母親学級は
←爆裂に感動しました(いつか記事に出来たらいいな)
COMMENT : 10
TrackBack : 0

ゆるい生活

どうも、室内干しが多い家庭では
除湿機が大活躍だなぁ、と
雪が降り積もる青森で
洗濯をしている妊婦、もてぃこです。こんにちは。

昨日はサボっていた雑巾がけをしましたYO!
読者全員で褒め称えてくれてもいいですYO!


薄めたマイペットのにおいは
小学校の掃除の時間を思い出させるに十分でした。


今日は、こんなにひどい積雪の中
母親学級に行ってまいります。
呼吸法をマスターしないといけないですからね~。


さて

腹のでかくなる後期妊婦。

それでも普段の生活は、普段通りにこなし
いつも通り、夜、旦那ちゃんと団欒を楽しんでいたところ

鼻がむずむず⇒くしゃみの予感。


特に早産気味ではない、健康妊婦は
くしゃみも気兼ねなく行います。

結果

img097nyoumore.jpg

まさかの尿モレ(ノ∀\*)


しまった!!
とか
恥ずかしい!!
とか以前に

びっくりしすぎて、普通に報告してしまい

言ってしまってから

「女子として、ココは引かれるだろ!」

と思ったのですが、時すでに遅し。

おそるおそる
報告された旦那ちゃんの顔を覗き込むと


めっちゃ爆笑してました


そして
尿モレ妊婦に向かい

「1,2滴でしょ?」と笑いながら量の確認をし(それもどうなのだ)

「う、うん」
と答えた妊婦に対して、また爆笑。

子宮が大きくなると
どうしても、膀胱が緩むらしいとは聞いていたけど
まさか本当に尿モレするとは
そこそこにショックです。

でも
どうしようもないです。
対処法は、何がしかをあてがうだけですw


しかし
笑い飛ばしてくれた、旦那ちゃんを見て

この人と結婚して本当に良かったなぁ

と、しみじみ思ったワタシなのでした。


banner_02.gif←青森では
←シジミもまた有名です
COMMENT : 7
TrackBack : 0

小室、帰る

どうも、雪が降り続く青森で
「今日は外出できないな~」と
言い訳が出来

気づいたら11時から13時まで
高いびきだった妊婦、もてぃこです。こんにちは。

昨日の天気予報の時点で

「明日は雪で、ふぶくでしょう」

と宣告され
週間天気も、ずっと雪・・・

北国で生まれ育ったとはいえ
11月の末ってこんなに雪でしたっけ・・・?
と、ちょっと絶望中です。

昔は雪がもっと好きだったのに。
いつの間にか、都会の住みやすい気候に
慣れてしまっているのかもしれません。



さて


後期妊婦は腹が重い



これがまた、徐々に襲ってくる感覚なので
なんとも自分でも油断しがちなんですけど。

ちょっと中腰になると気付いたり
寝返りを打つと気付いたり。


よくある
妊婦の気持ちにになれる、胸と腹の出た重り。
ああいうのって、何もないゼロからつけるから
大変なのであって

じわじわと重くなる分には
そうそう、大変だ、という自覚もないわけで。



でも
確実に、着実に
大胆かつ慎重に(違

その重い腹は、体に負担になるわけです。


その負担に気付かされるのが
アクティブに動いているときとは限らないわけで。

img095komuragaeri1.jpg

就寝中のこむら返りなわけで

またこれが
筆舌に尽くしがたい痛みなわけで。

それでも
大体の人が、足をつったことがあるので
その気持ちはわかっていただけると思いますが

痛い、けれども
処置方法も知っている。
だから割と冷静に、しっかりつま先を持とうとする。


うん。

そこなのよね、落とし穴。

img096komuragaeri2.jpg

適切な処置が出来ねんだっつのヽ(`Д´#)ノ

だから
深夜4時とかに一通り叫んで
その後、四苦八苦して変な体勢をとって
ようやく痛みが逃れる頃には
すっかり目が覚めているわけです。


妊娠後期に入ってから
かなり頻発する、こむら返り。

ワタシの場合
散歩を長くしすぎた日には、ほぼ起こりそうになります。



起こりそう!!と、夢うつつに気付いて
起こる前にひざを曲げるなどの対処をすれば

未然に防げる、という技さえ編み出してしまいました・・・
すげーな、妊婦魂。

でも
こむら返りが怖くて
無意識のうちに、寝返りをあまり打たなくなり

結果、お腹の重みで下にしていたほうの半身がやけに痛い

という副作用も勃発中。

後期は後期でやはりしんどいものなのでした。

banner_02.gif←冷えも大敵らしいけど
←こんだけ寒い土地で大敵とか言われても
COMMENT : 6
TrackBack : 0

ナチュラル子育てのススメ

どうも、今日も降水確率90%の青森は
なぜか暖かい日差しが燦々と出ています。

母曰く

「10%に義理立てしてるのヨ」

・・・言い切る年代です。

昨日
雑巾がけがどうとか、息巻いていた妊婦ですが
サボりました。
ごめんなさい。

今日もするつもりないです。
予定入れちゃいました。
ごめんなさい。


そんなこんなで
昨日の続き。



せっかくオフ会に行って、王子と戯れさせていただくのに
手土産の一つもないとなぁ、ということで
ガチャピンとムックのゴムボールを買い
電車に乗ろうとしたら

重い腹で乗り遅れるという事態に(こら!)


メールで「10分ほど遅れます!」
と謝罪すると

「いいよ

今、王子は、あたりめ食べてご機嫌だから

・・・・・あたりめ???(・∀・)<王子って1歳ちょっとじゃ・・・

渋い離乳食を好むのかしら・・・と
とりあえず現場へむかい、対面。

そのままデパートの屋上へ、お弁当を買ってもっていき
ランチにしました。


子育ての何が大変って
いつ、どのママをみても思うけど

好きなタイミングでご飯が食べられないところ、だと思う。
食欲魔人のワタシからしたら。


ちょこまか動きながら食す、子供のタイミングで口に運んであげ
いつまでも自分の食事にありつけない。
ハナちゃんもまさに、そんな感じでした。



王子の食べるものも、たくさん持ってきていて

定番のバナナから、子供用チーズ、ゆでたお野菜・・・
一口食べては、興味が別に移ったりはするけど
うんうん、やっぱりそういう感じだよね、と想像通り。

だったのに。

あたりめの違和感を、忘れかけていた頃
おもむろに、ナチュラルに取り出されたもの。

それは



img094hanachan2.jpg


お麩(そして疑問を持たずに食べる息子)

すごいよね!!

お麩、そのまま、だよ!

思わず間髪入れずにツッコんで、爆笑しちゃったよ(超失礼)

ハナちゃんはそんな私に、さらりと、素敵マダムな笑顔で
「お麩に、なんか乗せて、カナッペ風にする離乳食ってあるからさ」
とか言うわけで。

でもあなたが手にしているのは、お麩、そのままであり
カナッペにはなっていないわけで。

そして

王子は相当、嬉しそうに食いつくわけで。

うん。


子育てって最高に面白い。

ワタシもやろう。お麩な離乳食。
ハイハインみたいな感覚に近いのかもね!)

その後
まだ発掘しきれてなかった
吉祥寺の素敵な場所をいくつか案内してもらい
王子とマダムとハンプティ・ダンプティの
素敵な昼下がりは、過ぎていったのでございます。




実に収穫のある、お麩会でした。



・・・・・・言うと思った、とか、聞こえてくるのは幻聴ですよね。

banner_02.gif←人の育児を笑った、失礼な妊婦は
←人身事故で帰りの電車が急停車したらしいです。
COMMENT : 5
TrackBack : 0

お深い間柄

どうも、毎朝忙しい両親を横目に
ゆっくりご飯を食べたり、のんびり過ごしたり出来るほど
心臓は強くなく

ついつい
雇われ家政婦のように
お味噌汁をよそったり、茶碗を洗ったり
洗濯を一手に引き受けたり、掃除をしたり
甲斐甲斐しく働いてしまい

お腹の大きなシンデレラ

と自分を位置づけ励ましている妊婦、もてぃこです。こんにちは。

今日はこの後、昼食後にでも
雑巾がけに挑戦しようかと思っています。。。

東京でもクイックルワイパーで済ませているのに・・・

なんかね。ほんとね。里帰り出産ってね。

体重増えまくるよね(>'A`)>

だから家事で抗うの。
右肩上がりの数値に。




さて

後期妊婦は意外と身軽(私の場合)。
安定期で、味を占めた勢いそのままに
外出する頻度が妙に高くなったワタシに、素敵なお誘いがありました。


人は、アクティブ風を吹かせていると
アクティブな風が向こうからもやってくるようで。


以前のブログ、新婚コロシアム
楽天繋がりになった素敵マダム、ハナ子さま、その人から

「妊娠おめでとう!こうなったら会っちゃいましょ」(すげーはしょり)

とメールが届いたのでございます。



ぶっちゃけ
ハナ子ちゃんは、すっごく可愛い、おしゃれなブログを
当時運営していて(出産を機に、今はオヤスミしています)

私のふざけたブログに来る様な方ではない、って感じだったんですが

蓋を開けてみると
二面性のようにオモシロな人で

カワイクてオモシロ=ワタシと同類(だーん)

ということで

ブログ内の交流だけで、かなり「好き好き☆」モードになっていました。

そんな彼女から
オフ会のお誘いともなれば

でかい腹で転がりながらでも
会いに行くでしょう。

ということで

img093hanachan1.jpg

会ったら、爆裂に可愛い人でやんの Σ(゚Д゚;)
(パタリロに激似な王子も一緒で、一瞬で緊張と垂涎状態なわけ!)


そんな彼女との、素敵な出会いと
一緒に過ごした昼下がりの、ちょっとした秘め事を
明日に持ち越して

今日はお開き。


banner_02.gif←雨の予報だった青森は
←今妙に晴れてるんだけど・・・室内干ししてんのがもったいないなぁ
COMMENT : 3
TrackBack : 0

主婦や母といえば

どうも

実家には多種多様のクラシックCDがあって
いかにも胎教してくれと、いわんばかりのラインナップなので

日々、モーツアルトやブラームスやメンデルスゾーンを
優雅に流しながら、なんていう曲かもいまいちわからずに

PCに向かったり、本を読んだりする
素敵マダムもてぃこです。こんにちは。


昨日、フジコ・ヘミングを堪能してきた両親。
どうやらとても良かったらしく

「アンコールに3回も応えていたよ」

と興奮気味に帰ってきました。

団塊世代は
子供も自立して
お金も時間も多少あって

それに向けた娯楽も、多種企画されていて

うちの両親は、その波に思い切り乗って
楽しんでいるご様子。

いいことですね。


私たちが還暦を迎える頃
世間はどうなってるんでしょうね~。
なんか暗い未来が待っていそうなので
そっと目をつぶることにして


今日の本題へ参りましょうか。



妊娠7ヶ月から8ヶ月に入るまでの間
ひたすらに買物に行く週末を送っていた私たち。

ベビーの肌着やら服やらを買っていた頃は、まだいろいろ楽しんだり
可愛い!と、いちいち騒いだりする余裕もありましたが

部屋作りのために
たくさん家具を交換するため購入したり
冬産まれの我が子のために、暖房器具の情報を、各店で集めたり

やれチャイルドシートだ
ベビー布団だ
ベビーダンスだ



飛び去っていく福沢さんとこのお偉いさん。


今までためていたお金が、がくんと減っていく様を
ただ呆然と眺めながら
それでもひたすら、散財していく日々。

ようやく準備に終わりが見えたある週末。

最後の「コタツ布団」新調のため
あちこち回って、いいのに巡り合えず

仕方なく、といった感じで訪れた、そこは

ジャスコ

10分後には
お気に入りのコタツ布団を購入できました。


ついでに

そこのジャスコに入っていた、はなまるうどんで食事を済ませ
すべてのフロアを見て回る夫婦。

奥様の言うことにゃ

img092juscolove.jpg

主婦ゴコロにどストライク

ごめんよジャスコ。

いままで
「おばちゃんたちの聖地(プ」

とか思っていて。


主婦やお母さんには
ジャスコって本当にいいのね!!!!

可愛い店じゃない、センスも良くわからない。

でも
ジャスコの価値はそこにない。

品揃えと、普段使いのスペシャリスト、というところに価値があるのだ。


そのことに気づいた奥様。
とってもハードルの低いお願いを、旦那ちゃんにして
満足そうに帰ったそうな。

ちなみに

コタツ布団は、今も
旦那ちゃんの帰りを、ぬくぬくと待っているのであります。


banner_02.gif←昨夜、寝る前にラブコールしたら
←コタツ布団に抱かれて、眠りに落ちかけていた旦那ちゃんが出ました。萌え。
COMMENT : 7
TrackBack : 0

お前の母ちゃん

どうも、今日は朝から今まで、とにかく外に居なくちゃだめで
とってもとっても疲れた妊婦、もてぃこです。こんばんは。


こんなに更新が遅くなったのは初めてです。
ご心配おかけしましたが、疲れてはいても、健康です。
ありがとう、そしてごめんなさい。


具体的に何があったか、というと

1、午前中に産院で栄養指導があった
2、午後は午後で、産院で母親学級があった

この2つだけなんですが

ワタシの通う産院には
1時間に1,2本しか走らない路線のバスでしか行けず
しかもそのバスが止まるバス停へは、片道15~20分くらい徒歩で掛かり

さらに、1と2の間の昼間に
今日の夕飯を買って帰り
また、とんぼ帰りで産院へ

という

移動だけでへとへとコースだったのです。
(今日に限ってうちの両親は、フジコ・ヘミングを聴きに行くというセレブデート決行)


妊婦だから、散歩はほぼ毎日してますが
今日、万歩計をつけていたら
「妊婦なのに、そんなに歩き回るのは辞めなさい」
と絶対専門家は言うだろ、ってくらい歩いたんです。

(バス停と家、産院との往復だけじゃなく
 バスが来るまでの時間つぶしも散歩だったんだから
 本当に歩き通しだったのYO!)

あー

下半身だけじゃなくて、腕まで疲れてらw



さて

そんなお疲れ妊婦

今日の本題はさらっといきますよ。



昨日、散々体のことで
ブルーになったワタシの記事を書きましたが


液化のワタシにキレた後
なんだかんだいって、しっかりなだめて
私の気持ちを落ち着かせてくれた旦那ちゃん。

それでこそ、妊婦の嫁にふさわしいぜー
いかすぜーナイスだぜー



思ったのもつかの間。


一緒にお風呂に入ったとき
ワタシの死角である
突き出た腹の下方から、腹の中の胎児に向かって
話しかけようと、しゃがんだときに、発見。そして報告。

img091debeso.jpg

デベ・・ッ・・・(゚д゚;)!!!!

そう

突き出た腹の内部にうごめいていた
へその奥のほうの皮膚が
おなかに押されて飛び出てきてました。

デベソ、まではいかないけどね!!!!!

ふだん
ゴマとか溜まる部分まで、腹の皮の一部になっていた
というのが正しい言い方なの!!


だから


だからさ



いい加減学習しようよ( ;∀;)!!!

banner_02.gif←出てきたおへそ内部の皮膚は敏感で
←お腹洗うとき、いつもちょっぴりひりひりします。
COMMENT : 4
TrackBack : 0

食べるホルモンは好きだけど

どうも、ずーっと曇りが続いている東京とは違い
小春日和の快晴が続く青森で
暇をもてあましている妊婦、もてぃこです。こんにちは。


地元には、気心の知れた友人はたくさん居るけれど
大体週末しか会えないのが寂しい限りです。


妊娠初期に
気が狂った状態で買った、おくるみキットを
実家に持ってきて、教わりながら編もうと思っていたのですが

(ちなみにその記事はこちら

編み物系が得意な母曰く

「こんなに細い糸の2本どりで、
 あんたみたいな初心者が、何十個もモチーフ作って繋ぐ、このおくるみを・・・」

とか。

うん

要約すると

「生まれてくるまでに、間に合うとは思えないけど、やりたきゃやれば」


なので
そっと封印させていただきました。

だから
本当に暇。

家事をしたり、本読んだり、散歩したり、買物したり
そのローテーションです。

誰か「美味しんぼ」全巻貸してくれないかしら。

きっと出産までにちょうど読みきれると思うんだ、今なら。



さて


妊娠初期に、第1段階のマタニティブルーを経験したワタクシ。


安定期で、心が落ち着いたな、と思っていたのですが
後期に入る少し手前から、またムクムクと
ネガティブ思考に捕われるようになりました。

キッカケは

体の変化。


同じ週数の妊婦さんと並んでも
私のお腹は異様に出ていて
自分でも、「美しい」とはお世辞にも思えず

さらに

黒くて大きくなった乳首を、毎晩目にし
日々、増える体重から体型もどんどん崩れていき

もうすっかり
女というよりは、母に移行していくそのことが

喜びと同時に
大きな恐怖として感じられるようになりました。

自分でも、自分の体の変化に、これほど戸惑っているのだから
旦那ちゃんだって、ワタシのことを
「どんどん変化していく、不思議な生き物」と
感じているに違いない、と勝手に決めつけ

ここからは

妊婦特有の、ホルモンバランスの変化の助けを借り

転がり落ちるように
第二次マタニティブルーの世界へ突入。


色んな恐怖や不安が
旦那ちゃんへのあてつけに変換され

ちょっと携帯を開く旦那ちゃんに

「おっ!浮気相手にメールかい?」(あくまで冗談ぽく)
とか

たまたま結婚指輪を付け忘れて、会社に行った旦那ちゃんに

「今日は、誰ちゃんのおうちでお仕事してきたの?」(まだ軽め)
とか


そんな形で少しずつ発散。


話を聞いてくれそうな週末に
爆発するブルーな感情。

img090uzaininpu.jpg

そらキレられるわな(ノД`)

でも
どうしようもなかった。
この恐怖は、きっと妊婦にしかわからないと思う。
(でもって、出産すると、ころっと忘れそうな気もする。忙しすぎてw)




その後、散歩中に立ち寄った図書館で読んだ
ともさかりえの妊娠日記に
まったく同じようなことが書かれてあって


ほーら、みんな、おんなじだ



なぜか勝ち誇った気になったのでした。


banner_02.gif←すっごく泣いた次の日は
←体重が減ってたりして、複雑に嬉しい
COMMENT : 10
TrackBack : 0

閑話休題~個体差の不思議編~

どうも、青森に帰って、何が一番感動するかといえば
「筋子」の存在だ。
と声高に叫びたい妊婦、もてぃこです。こんにちは。


きっと
青森市民、もしくは、青森で数年間暮らした方は
皆一様に頷くでしょう。


いくら?なにそれ、筋子でしょ。

この一言が、真の津軽魂を表現しているといっても過言ではない。


ちなみに
いくら筋子が好物でも
東京に住んでいるからには
東京で筋子は一切購入しないのも、ポリシーだ。

そんなバッタもんを食べても
満足できないことは、わかっているからなのだ。


青森で、まともに食を楽しんだことのない方たちは
ぜひ、冬に訪れ、そして筋子を食して欲しい。


そんな
エッセイタッチで今日はスタートしてみました。
見切り発車感は否めませんが
そもそも
自己満足ブログなので、謝りませんよ。ほっほ。



さて


本日は
中期の話をすべて書き終えたということで
閑話休題。



他人と一緒に暮らすと
生活環境の違いからか、思考の違いからか
さらには嗜好の違いからなのか

理解に苦しむ言動にぶち当たりますよね。


でも
いちいちそんなことで喧嘩なんかしていたら
体力が持たないので

人は
「そっとしておく」
という手段を身につけるわけです。


モラルに反していたり、危険だったり、非常に不潔だったり
そういうのは例外ですけどね。




夏、7月中旬から9月後半くらいに掛けて
我が家で見られる風物詩。


それは

img089haritagari.jpg

おでこにティッシュを貼る、お風呂上りの旦那ちゃんだ。

そっとしておいているので
なぜそんなことをしているのか、という理由については
想像の域を出ないが


うちわで扇いでも
クーラーつけても

しばらくはじわじわ出続ける汗に対抗する
取って置きのウラ技!

っていう感じなんだと思う。彼の中で。


ペットリ貼られたティッシュは
じわじわ濡れそぼっていくけれど
彼はそれを替えることなく
汗が引いたと判断したとき、満足そうにはがしております。


でね

いいんだけどさ、そういう奇怪なことしてても。
別に嫌いにはならないんだけどさ。


息子が物心ついた頃、夏にそれを真似するんじゃなかろうか




今からちょっぴり不安です。

もしもその懸念事項が現実に起こったら
写真にとって、ブログに載せてやろうかしら。


小さな野望を抱いております。



banner_02.gif←その頃まで続けているかは
←画面の前のあなたのポチにかかっております。
COMMENT : 3
TrackBack : 0
CATEGORY : 閑話休題 | THEMA : 妊娠・出産 | GENRE : 結婚・家庭生活 |

10円饅頭に救いを求めて

どうも、タイトルの10円饅頭は、ただ今私が住んでいる
故郷青森で、どうも流行っているらしいお店で
私の通う産院の近くにあるので
本日、検診後に行って参りました。


1個10円で20個買って、210円。


このクオリティの高さは何だ。



早くも、故郷の食べ物のおいしさに
すっかりとり憑かれ気味の妊婦、もてぃこです。こんにちは。


ちなみに、新しく通い始めた産院では
今すぐ「東京に戻ります。今までのとこで産むので、カルテ作んなくていいです」
って言いたかった。けど我慢しました。
27歳は立派な大人ですから。


でも
今日私を診た先生の、休診日にだけ通うことにはしました。
大人は、イヤなことの回避方法が陰険です。うけけ




さて

金曜の記事の続き。

周産期センターのお偉い先生は、さらっと体重を注意しましたけど
基本的に、とーーーーっても丁寧で、優しく
妊婦さんの期待も不安も、すべてお見通しっていう感じで

エコーを見ながら、先々に声を掛けて下さり
なおかつ
隣でエコーを凝視する旦那ちゃんにも
非常にわかりやすく、細かく説明をしてくれて

本来、その日は聞く予定のなかった心音も
旦那ちゃんのために、がんがん聞かせてくださいました。

内臓の説明も詳しく
先天性の異常は、今のところ見られない、わが子の成長を
旦那ちゃんは、しっかりと肌で感じられたようであります。


実は

この時、エコーを見たい、といったのは
ほかならぬ旦那ちゃんでした。


私は、以前も見せたし
産院は結構混むものだし

そう何度も見せなくてもいいかな、と、誘わなかったんですけど

旦那ちゃんが、自ら

「もてぃこが青森に里帰りする前に
 エコーを見ないと、気が済まない」

と志願してきたのです。

なんだかそういうのって、うれしい誤算です。


喜び勇んで、連れて行ったのが、この先生のときでよかった。


それは、旦那ちゃんも同じように思っていたらしく



帰宅時、興奮状態継続(*゚∀゚)
あまりに丁寧な説明だったので、あわよくば遅刻なんだけどw


そうやって
エコーでばっちり、胎児の状態を見た旦那ちゃんは
心の貯金箱を満タンにし

いまは一人、大都会東京(の端っこ)で
二人のためにと働いているのであります。

がんばれ旦那ちゃん!!

「お金足りなくなったら振り込むからね」

という言葉が
女子大生を娘に持つ、父親みたいでカッコいいったら!!


banner_02.gif←昨日、駅の改札で旦那ちゃんを見送ったあと
←涙がとめどなく溢れてしまい、両親に爆笑されました
COMMENT : 4
TrackBack : 0

単位が違う

どうも、今日は里帰り前、2人で過ごす最後の1日。
ということで
旦那ちゃんが「早く帰りたいから、早く会社行く!」宣言をし
必然的に
早起きせざるを得なくなった妊婦、もてぃこです。こんにちは。


でも
朝ご飯食べたあと
デザートに林檎食べて
ちょっと読みかけの小説を開いたら

2時間ばかしタイムスリップしてました。


おかしいなー。てへ。



さて

妊娠後期に入る直前
検診の予約が入っていまして
受付のお姉さんいわく

「もてぃこさんはこの先生、初めてですよ」

ということで
ちょっと緊張していました。

ちなみに

久々に旦那ちゃんにも、エコーを見せたいと
同伴してもらっておりました。
ま、そのことはまた次回。


待合室で待っているとき
受付に、見慣れぬ張り紙がしてあり
目を凝らすと


「本日の先生は
 周産期センターで局長を務めていた
 ○○先生です。
 大変優秀な方なので、是非お話を聞いてください」



ですって。


あら!とってもいい日に、予約が取れたんじゃなくて?

と、ちょっとウキウキ。
どうやらめったに来れない偉いお方らしいです。


いざ、名前を呼ばれ、診察室へ入ると
そこには、爽やかな紳士が立っておりました。

予想では、もっとお爺さんかと思っていたんですけど
なんのなんの。

髪もきれいにカットされていて、清潔感があり
痩せ型で、でもみすぼらしくはなく
笑顔で「おはようございます」と笑いかけるその姿は

一目で

信頼できちゃう方だわ☆

と思わせるだけの安心感を放っていました。




早速エコー前の体重測定に移る私。

いつも通り、緩やかに、でも確実に増えた体重を示す体重計。

その数字を機械的に読み上げる看護師さん。

そして

img087sawayakanasenkoku.jpg

爽やかに、グラムで注意を促す名医 (;´Д`)ヒィ


それだけの名医に
それだけの釘を刺されたことで

その次の検診では
しっかり体重をキープした、偉いワタシ。


その後は

キログラム単位で
また増えてますけどね!!!!!

もう残りは青森だから、いいのいいの。


そんな脅しの後だとは
知らずに診察室に呼ばれた旦那ちゃんは
存分にエコーを楽しむ事になるのでした。


banner_02.gif←定番ですが
←カレーをたくさん作り置きしました
COMMENT : 11
TrackBack : 0

怒れないパターン

どうも、里帰りの準備で、何が一番大変かって
描けるだけ描き溜める、ブログのイラストだ、と
つい今しがた気付いた妊婦、もてぃこです。こんにちは。


ということで

PC環境、未だに「WindowsMe」という
極めてレアなケースの我が実家には
スキャナもクソもないので

描き溜めたものが終わり次第
絵日記ブログから、しばし
テキストブログに変わります。


ご理解のほど、宜しくお願いいたします。
(多分、12月くらいからテキストブログに変わる予感)



さて

いよいよ妊娠8ヶ月に入ろうかという、とある週末。

サークルの後輩で、旦那ちゃんと同学年の子が
結婚式を挙げまして。

ワタシは行かなかったのですが、旦那ちゃんは出席。


そこで久々に
「もてぃこさんも交えて会いたいなぁ」
と、とある後輩が、再会のきっかけをくれたので(新郎とは別の後輩)
式の次の日、旦那ちゃんと2人でその後輩に会ってきました。


妊娠したことは伝えていたものの
大学時代の友人には
それまで、大きなお腹を一度も見せてなかったので

どんなリアクションをするか楽しみに
待ち合わせ場所に行ったところ




・・・・・・うん、そうだね( ;∀;)

そんなにしみじみ言われたら
「なんだと!?」とか言えない、言えないよ・・・

笑って怒れるパターンに必要なのは
もっと冗談じみたコメントだよ!後輩よ!!



「あぁっ!もてぃこさんが、じゃないよ?
 お腹が、だよ!?」


とか

フォローも痛々しいよ!!
(どっちにしろ、だよ!)


そんな
ハンプティ・ダンプティなお腹で
メラミン検出前のサイゼリアに行き

パスタを食べることで、本能で危険を回避した

中期後半の妊婦の武勇伝でした。


banner_02.gif←妊婦のたらいまわしは
←他人事じゃないから、毎回心が痛みます
COMMENT : 8
TrackBack : 0

はやりの失言

どうも、今日は午後に、母親学級で知り合った人と
お散歩デートの予定が入っている妊婦、もてぃこです。おはようございます。


でもそのお方
もう臨月で

しかも

胎児の推定体重、2600g超えてて

先生から

「いつ陣痛きてもおかしくないよ☆」

とか言われてるんだけど

ワタシと悠長に散歩してていいのだろうか。
ていうか
ワタシ、何かあったときの対処
出来る様に心構えして出かけていこうっと。。。


母親学級以来、初めて会う、という緊張よりも
正産期の人と出歩く、って事のほうが
よっぽど緊張する・・・



では

今日の本題。


ベビの性別が判明する少し前。
子供を迎えるに当たっての買い物を
少しずつ始めていた夫婦。


我が家では、これまで
和室に折りたたみの円形テーブルを置き
その上にノートパソコンを置いて、PC環境としてましたが

「ハイハイしたら、PCぶっ壊れの構図」

が見えた瞬間
まずは、パソコン机と椅子を購入することにしました。

行った先は、郊外の
生活用品全部揃います、的ショッピングモール。

ニトリとかヤマダ電機がメインのところ。

で、「お、ねだん以上」なお店で
いざ購入して、車に乗せようとしたところ


「お・・・・おっも~~~~!!」


と叫ぶ旦那ちゃん。
車に入るかどうかも微妙なサイズだった上に
結構しっかりしたものを買ったので
当然といえば当然なのだけど。




安定期で油断していた妊婦は
つい、その、おもーいパソコン机を持つの、手伝っちゃったんですよね。


そしたら、下半身に

なにか、出た!

って感覚が。


血の気が引いて
切迫流産の時の記憶がよみがえり
慌ててトイレへと駆け込むワタシ。


なんでもないことを確認し、戻って報告。



オリモノいうな( ;゜Д゜)!!!!

ここはお外よ!!
すれ違った親子の気まずそうな顔ったら!!!


そもそも
オリモノなんて言葉、旦那ちゃんは、ワタシが妊娠してから
まともに知った、未知なる存在だったわけで。

それまでは

なんとなく触れちゃいけない、女のタブー

として、しっかり認識していたはずなのに!

妊娠してから、日々報告がある
妻の体の変化を聞いて
様々なタブーを知識に変える、特異な環境のなか


オリモノなんてものに
慣れてしまっていたのだ


おおお恐ろしいね!!
私もうかつに報告できねぇや!

本当に
土日はとっても混む場所だっただけに
このときの恥ずかしさは
今でも鮮明に焼きついております。。。

ていうか

旦那ちゃんもちょっとは恥ずかしがれよ!


banner_02.gif←全然関係ないけど
←最近破綻した教習所、1年前にワタシが通ってたとこですw
COMMENT : 5
TrackBack : 0

気付きは美学だ

どうも、今日は近所のスーパーで
ハーゲンダッツが安売りされてましたが
おもいっきりシカトした妊婦、もてぃこです。こんにちは。


偉いって言って。


え?

記事にする時点で、シカトできてない?


ご、ごもっともー( ;゜Д゜)!



さて
妊娠中期というのは
いわゆる安定期なので

大きな出来事、あったっけ?
描く事、大してなさそうだなー

とか思っていましたが

振り返ると、(私の中で、波乱万丈な記憶の強い)初期よりも
圧倒的にネタがありました。

予定では

後期に入って、里帰りするちょっと前(つまり今頃)には
リアルタイムの妊娠時期に追いついているはずだったのに。

ブログって難しいねー


ちなみに

里帰りは今週末の予定です。


そんな
いよいよ、出産準備に取り掛かり始めた
後期妊婦がまだ描き足りない
中期のネタ。

今日も参りましょうか。


妊婦を妻に持つ旦那さんは
普段よりちょっと多めのお手伝いをさせられるはずですが
ウチの旦那ちゃんも、例外ではなく

その日は洗濯物をたたむ、という
ミッションを妻から与えられておりました。

そこで気付く。



妻の下着のでかさに


ダミだね!!
いくら妊婦とはいえ、あんなものを旦那ちゃんに畳ませちゃ!

ていうか
妊婦以前にも散々畳ませていた事実まで、読み取れちゃうよね!!
明らかに、以前の下着と比べた上での発言だからね!!


でも

なんか

喜んでるから、いっか(´ω`)


ちなみに
後期に入ってからは、あまり手伝いらしいことを
させておりません。

夫が頑張って稼いでいるから


とかじゃなく


疲れた夫には頼めない、と気付いたから


でもなく


家事を有効利用して
カロリー消費するためです。

えんやこらー


banner_02.gif←妊娠前に穿いてた下着は
←確かに男にはたたみにくいよねー
COMMENT : 6
TrackBack : 0

プロフィール

もてぃこワイフ

Author:もてぃこワイフ
松坂世代。

1月6日に産み落とし
マイペースで育つわんぱく息子と
優しくて人の話を聞き流す旦那と
3人4脚で人生の荒波を超えているママン。

息子が大きくなったらアレを食べよう
と、食べたいものを目標に頑張って生き抜いています。


1565.jpg

調子こいてすくパラはじめました。


↑↑↑↑↑↑
常連嫁っこんちの理髪店、開店準備ブログ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (0)
はじめに (2)
妊娠発覚 (2)
妊娠初期 (24)
閑話休題 (5)
妊娠中期 (37)
妊娠後期 (30)
出産 (20)
0ヶ月~6ヶ月 (42)
7ヶ月~12ヶ月 (9)


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


Copyright © *育児コロシアム* All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。