This Archive : 2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

3本勝負

どうも、世界に類を見ないほどの、可愛らしいお尻が
最近痛々しく、かぶれ気味の息子を持つママン
もてぃこです。こんにちは。


育児書に、オムツかぶれの対策として書かれてあるのは

「ウン●をしたら、お尻を洗って
 その後乾かしてあげるのが一番」

だそうなんだけど

3,4時間おきの授乳のたび+数回
ウ●チをしているんですけど・・・

そのたび洗って、うちわで扇いで乾かせと・・・??

そ、そんなぁ・・・
ワタシ、眠れなくなっちまう(泣

ということで
優しく、丁寧にふき取って、軟膏をつける、という
対策をとっております。

お尻拭きの変更も考えたほうがいいのでしょうか・・・
でも、肌に優しいことで有名なヤツ使ってるんだよなぁ
(アカホンの水99%)



さて
本日はイラスト3本立て。



三途の川、再び。゚(゚´Д`゚)゚。

13時に「内診しますね」というK田さんに、身を任せたところ
力ずくで子宮口を広げられました。


モニターの数字は、段階的に上がり
張りもそれに応じて強くなり
陣痛の山を登って降りる、その繰り返しは
予測も出来るし、ピークをこらえれば
確実に楽になる時間帯は来る。


でも
他人に中をもにょもにょされる痛みは
予測も出来ないし、いつ終わるかも不透明で
どうにも苦手です・・・


とか言いつつ

kokyugasakebihe.jpg

呼吸法が、セリフ化される痛みへ突入:(;゙゚'ω゚'):
(そしていちいち上がる数値を口頭説明する旦那ちゃんが、うざくなり始める)

子宮口が開き
さらに、促進剤の滴下速度もまた上げられ
陣痛の感覚は2,3分に。

陣痛の強さを表す山は
高く、そして傾斜は緩やかになり
1回の張りの時間は長くなる。

とうとう痛みは、肛門へも到達。
(感覚としては、肛門ごとウン●として出したい感じ)
テニスボールの上に座ると、確かに楽!!
買ってよかった、松岡修三!(違

それでもまだ、子宮口はあと4,5cm開くわけで。

あー
まだまだこの痛みと付き合うのか・・・

sakinomitoshi.jpg

数年先のことを、宣言してみせるワタシ
科学の力、バンザイ・・・・_ノフ○ グッタリ

風船2回目<前駆陣痛<10時、10時半の陣痛<<風船1回目<12時半の陣痛<人工破水<<<<<<<センサー付け<13時、14時の陣痛<子宮口開き

banner_02.gif←14時と15時にも子宮口開きは執り行われ
←K田さんが顔を見に来るたびに、恐怖心が沸く事態に
スポンサーサイト
COMMENT : 8
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

午後は○○

どうも、耳のふちに、産毛がびっしり生えている息子を持つママン
もてぃこです。こんにちは。

母乳を与えるようになってから、その毛の存在に気がつき
妄想を開始したママン。

思春期を迎えた息子が
好きな女の子の前の席に座った時

「きゃ!やだ、息子くん・・・耳に毛・・・?!」

と気づかれ
その時を境に、そっと目を逸らされるようになり

『息子、耳毛で初めての失恋』

あああああ

悲劇!!!
思春期の息子には
「耳が隠れるくらいの長さの髪が、一番似合うよ」
ってアドバイスしてやろ!!!


心に決めました。

その後

新生児の産毛関係は、大体抜ける

という事実を知って、ほっと胸を撫で下ろした次第であります。



さて

陣痛その後。

点滴で投与され続ける促進剤。
K田さんは、30分に1回くらい様子を見に来て

10時半時点での滴下速度から
一段階早められた、午後を向かえた妊婦とその夫。

sasurikaishi.jpg

ピーク値20ほど上昇(そして母到着)

呼吸法の勉強、しっかりしておいて良かった・・・!
呼吸のリズムに合わせて、お腹をさするワタシ。

張りのピーク時は、ワタシの場合

お腹の痛み:腰の痛み=7:3

でしたので、自分の加減でさすりたいのはお腹。
でも、腰もさすってほしいなぁ・・・ってことで
旦那ちゃん、腰さすり係、就任。

ただ、単調にさすり続ける旦那ちゃんに
「呼吸のリズムに合わせてほしいな☆」
と、可愛げのある口調で頼む、張りの合間のワタシ。

そんな余裕がまだある
この時の張りの間隔は4分位。

さらには、昼食を食べずに駆けつけた母に
「今のうちにご飯食べときなよ」
とアドバイスまで自らしちゃう始末。


ちなみに父は、母が来る30分ほど前の12時頃
ふらりとやってきて

肩や腰をころころする、マッサージ器具を
差し入れて帰っていきました。


合間は余裕のワタシですが
張りの山を、いくつか越えると
呼吸法で、無性にのどが渇き
(やっぱ体力勝負だなぁ)としみじみ思うのでした。

風船2回目<前駆陣痛<10時、10時半の陣痛<<風船1回目<12時半の陣痛<人工破水<<<<<<<センサー付け

banner_02.gif←呼吸法は、「3拍子法」
←たぶんラマーズ法と一緒だと思う(産んだくせにはっきり分かってない)
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

そこに山があるから

どうも、夜9時前後から
日付が変わる1時、2時頃までが
最も機嫌の悪い息子を持つママン
もてぃこです。おはようございます。


「眠いなら、どうぞ寝てくださいな」

そんなセリフで毎晩、息子を諭しておりますが
ちっとも聞き入れる様子がありません。

せっかく飲んだパイもミルクも
飲んだ先から全部消費されていく様を
腕の中で感じております。


とっくに枯渇したパイでも
「しゃぶらせろ!!!!!!」と、せがみ
おずおずと差し出せば
がしっ!!と手でパイを押さえつけ

「これ、オレのだかんねっ!」
と言わんばかりに、んぐんぐとしゃぶり倒す。

そして疲れ果てた頃
腕の中で眠る天使を、布団に移すのですが

十中八九、首に添えた腕をはずす段階で
息子と目が合うのです。。。。
ふふふ、よく目が合うのは両想いの印かしらん☆



さて


そんな息子をこの世に産み落とすお話の続き。


午前10時を回った段階で、陣痛室へ行き
やってきた陣痛に、余裕の発言をかますワタシ。

ベッドに横たわりながら
やってくる陣痛の波に、呼吸法をあわせてみて
「なるほどねー、こうやって痛みを逃すのかー」と、納得。


そんな私の元へやってきたのは
センサー付けでもそばにいた助産師、K田さん。

「もてぃこさん、お腹張ってきたかな?」

だそうで。

「はい、張ってきてます」と答えると

センサーがつながれているモニターから
排出され続ける紙を見て
(グラフ化された、胎児の心拍とお腹の張りが出る)


「うん、張ってきてるねー。
 じゃあこれから、点滴で促進剤投与するから
 もっと張ってくると思うよ。」


おぉ・・・そうか、やっぱりもっと張るんだよね。
そんなに甘くはないよね。ふむふむ。

この時点で
時計は10時半くらいを指しておりました。

陣痛室に移動した段階では、始まりのゴングはまだ鳴っておらず
むしろ、この時がスタートなんじゃなかろうか。
「計画分娩」の。

そんな雰囲気がむんむん。

ベッドに横たわった姿を見たK田さんから

「寝るより座っているほうが、お産が早く進むからね」
と、アドバイスも貰い、気合を入れて座りなおすワタシ。



旦那ちゃんの疑問は
この後何度か訪れる、お腹の張りと
胎動で明らかになりました。

1つは胎児の心拍数。

おとなしい時は、110~120。
ごろん!と動くと、130~140位に増えます。

もう1つはワタシのお腹の張りを数値化したもの。

張っていないときは17~22。
張ってくると、徐々にその数値が上がり
ピーク(そのときによって違う)を迎えてから、下降し始め
また17~22付近に戻ります。

それがグラフ化されると
1回の張りは一つの山を描きます。

この山の頂上が高ければ高いほど、強い張り。
つまり強い陣痛となり
山が緩やかであれば
張りが長く続いた、と言うことになるのです。


10時半の時点で
張りは5,6分に1回。
山は急な傾斜を描き、ピークの数値は60~70台。

張りと張りの間の休憩時間は
ずっと旦那ちゃんとおしゃべりできるくらい。


風船2回目<前駆陣痛<10時、10時半の陣痛<<風船1回目<人工破水<<<<<<<センサー付け


banner_02.gif←数値化されると痛みが具体化して
←陣痛も冷静に受け止められるな、と思ったり(この時はw)
COMMENT : 5
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

旅路の始まり

どうも、へとへとママン、もてぃこです。
こんにち・・は・・・?あぁ、こんにちはでいいんですね。

いやひょっとしたら
オヤスミなさいが妥当かと思ったりして。

あ、世間の皆様の目は
一番爛々としている時間だ、と。なるほど。

あれ、おかしいな
ワタシの目はカスんでるぞ☆

そんなこんなで
金曜にブログをサボったのは

いつもブログを書く時間中ずっと
泣いたり、母を足蹴にしたり
ようやく寝ても、モロー反射で目を覚ましたり
自分のしゃっくりにパニックに陥ったりする息子と

思う存分遊んでいたからです。

あー寝不足って
「コレが終わったら携帯とか全部切って、目が覚めるまで寝るぞ!」
っていう目標があるから出来るものだと思ってたけど

その目標や希望は
叶う事が、この先数年は、ない気がするな。えへ☆


さて

自分の中に、別の誰かがいるっていう状況だけでも
十分に奇怪で不可思議な最中

更に科学のメスが入って
体内からコードが2本、びょんびょんと飛び出ている妊婦。
時計を見ると、午前10時を回ったところ。

自分の病室に戻り
飲み物やタオル、購入したテニスボール等の荷物を持ち
旦那ちゃんを引き連れて陣痛室へと向かいます。

ちなみに

父は普通に会社へ行き
母は午前中だけ会社へ行き
午後のワタシの出産には駆けつける模様。

そういうことが出来るのも
計画分娩の長所ですな。


このときのワタシ、なぜかかなり落ち着いていました。

なぜなのか。

実は前日、5日の昼食時に
部屋に来た看護師さんから、説明を受けていたからです。

「どうして風船を入れて、あらかじめ子宮口を開けておいたり
 陣痛促進剤を経口投与して、様子をみるかというと

 本当に自然なお産にすると、そこまで開く時点で
 何時間も陣痛で苦しむことになるんだけど
 
 そこをやっておくことで
 本当に苦しむ時間は、数時間で済むようにしてるわけ。
 
 子宮口をやわらかくすることで、スムーズにお産が出来るっていうのは
 お母さんにも、赤ちゃんにも負担が少なくなるからね。

 
 多分、明日の午前に陣痛室に入って
 15:00には産まれてるでしょう。



え。
いやいやいや。

時間まで予告しちゃっていいわけ??

ワタシ
初産婦ですよ??

初産婦・・・それは
お産に数時間、どころか、数日かかるかもしれない
非常に予測できにくい、長い目で見ないといけない存在なんじゃ。

「初産婦でも、ですか?」

「?うん。経産婦なら14:00には産まれてるだろうし」

ええええええええ。
計画分娩すっげー!!!


という経緯。


陣痛室に行くと
3つほど並んだベッドがあり
誰もいないその中で、一番入り口に近いベッドに横たわる私。

人工的とはいえ、破水をしているので
陣痛はスタートしていました。


その痛みを迎えていた妊婦の言うことにゃ



超 余裕☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

あと5時間、この痛みと付き合うだけでいいのね。
OK、カモン!産まれろ息子よ!!

風船2回目<前駆陣痛<10時の陣痛<<風船1回目<人工破水<<<<<<<センサー付け

banner_02.gif←テニスボールはまだ出番ナシ
←とりあえず筋子のおにぎりで栄養補給
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

出したり入れたり

どうも、息子の右鼻穴から
大きな鼻くそを採掘できたママン、もてぃこです。こんにちは。

左鼻穴のほうは、まだかなり奥の方にあるので
入り口しかいじれない、綿棒も届かず
やきもきすること数日・・・

まぁ右だけでも息が通りやすくなったと思えば・・・。


2日ほど前のコメントに
「唇が青かったり、顔が蒼白になったり、ぐったりしてなきゃ大丈夫!」
とあったので、検証してみたところ

そんな症状はちりほども見えず

「ちょ!おま!!新生児のくせに!ほぼ未熟児レベルだったくせに!」
ってくらい元気なので

ほんと、ただ、鼻くそ詰まりがちなハナタレ小僧なだけ

と判明しました。
ありがとうございます。

地味にひたすら、綿棒で格闘してみます。


あと

たったいま
渡辺篤史の建物探訪で

セミの抜け殻をたくさん集めた息子さんと
笑顔で絡む篤史さんが言うことにゃ

「こんなに集めてすごいねー。セミプロだね。」

だそうで

お茶吹きそうになったママン。

さっき寝たばっかの息子を起こすところだったよ!
あっぶなー!!


さてさて


出産日前日の夜に
前駆陣痛で予行練習を済ませた妊婦。

2回目の風船の様子を見たところ
下界には落ちていなかったものの
膣内に落ちたまま留まっていたようで

入っていたそれを
嬉しそうに「これ入ってたからね~」と見せてくる院長先生。

別に見たくないし(泣)

さらに

説明もそぞろになにやら中に手を突っ込み始めた先生。

ん??んん???
い、いたたたたた!むぐほー!!


あ、流れ出たーーーー!!!


え?あ、まだ終わっていない??

「はい、ちょっと痛いけど我慢ですよ、もてぃこさん。」

あ、その声は、若くして実力派
一番仕事も丁寧な助産師、K田さんですな・・・・・・・

え?今の痛さはまだ序の口ってこと?

あ、あら、いで・・・いでで・・・



ぎゃひゃあぁあああぁああああ


あー

三途の川見えた。確実に。

気づいたら

分娩してるわけでもないのに
分娩台のレバー、しっかり握ってたw


ということで

1回目の痛みは
人工的に破水させる痛みで

2回目の痛みは
NSTみたいに、心拍や張りを計測するセンサーを
赤ちゃんの頭につける作業の痛みでしたそうな・・・

赤ちゃんの頭に、直接そんなものつけられるなら
息まなくたって赤ちゃん取り出せそうじゃね?
と思う素人。


ちなみに
そのセンサー、コードが膣内から膣外に飛び出ていて
外の機械と接続してつなぐんですが

コードは2本。

ってことで、その悶絶する地獄の痛みも
2度にわたって耐えて

「はい、よく我慢しましたねー」

とのK田さんの声に、ほっとしたのも束の間。

いざ接続してみたら


接触不良で心拍音がえらく不整脈気味www


え?
なんかの冗談?

とか思った矢先に
K田さんの申し訳なさそうな
「もてぃこさん、もう一回我慢して・・・」

ってセリフ\(^o^)/

頼むよ院長・・・


ということで
プラスアルファの痛みにも耐え

よろめきながら分娩台を降りたところ


K田さん「もてぃこさん、必要な荷物を持って、コレから陣痛室よ。」

と・・・
とうとう本番きたーーーーー


ということで
今のところ、痛みの順位

風船2回目<前駆陣痛<<風船1回目<人工破水<<<<<<<センサー付け

banner_02.gif←本格陣痛と分娩は
←どこに位置するのか注目
COMMENT : 9
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

最後の夜

どうも、おでこに湿疹が出来始めた息子を持つママン
もてぃこです。こんにちは。

なかなかどうして
きれいな肌のまま、日数を重ねるなぁ・・・
と感心していたんですけど
少しずつ、変化が出てきました。

成長してるんですなぁ。
1日1日確実に。

何しろ空気の読み方が半端じゃない。

今日も、コレを書こうと思って
「どうも、」の3文字を打った瞬間泣きましたからね。

千里眼か、貴様。


さてさて

そんな息子が私のお腹にいた、最後の夜のこと。

出産を次の日に控えた身としては
早く床に就いたほうが良かろう

ということで

21時前くらいから
ベッドの上で目を閉じておりました。


朝から陣痛促進剤を飲み
風船も交換し
(2回目は1回目より痛くないです。
 子宮口がすでに結構開いているので)

早く陣痛来ないかな、と
気持ちを張り詰めさせていた疲れもあって

うとうとするワタシ。

と同時に

襲い掛かってきた痛み。



やってきました、前駆陣痛…(;´Д`)ウウッ

でも

1時間くらいは本当にずっと6分間隔だったので
ナースコールをすべきか否か
迷いに迷いました。

間隔が縮まったら、本格的な陣痛だ、と思って
縮まるその時を待ちながら

痛みの波にあわせて、うとうとと目覚めを繰り返し
時間をメモしていたんですが

2時間かけて、様子を見ると
どうも、間、間に

12分あいてみたり

9分あいてみたり・・・

そんな変化が見られるようになり

(・・・・・・あら、コレ前駆じゃね??)

と思った矢先に
睡魔が勝ちまして、気づいたら6日の朝になってましたw

翌朝、メモした手帳を覗いたら
22時台の文字が
えらくミミズっぽい。

学生時代の、ノートに垣間見られる、あの文字。
昼食後の世界史とか、爆裂的にその文字だらけね。


そんなこんなで
また6時から1時間おきに
促進剤を1錠ずつ飲んで

座薬型の浣腸をし

下のおけけの半分を剃られ

もうどうにでもなーれ☆状態で
出産に臨むのでありました。

banner_02.gif←定期検診の内診では毎回「もっと足開け」と言われたが
←この頃には、言われる前に全開する心の余裕が出来ましたw
COMMENT : 6
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

ごろごろ、ごろん

どうも、昨日は夜に、なかなか寝付かなかった息子を持つママン
もてぃこです。こんにちは。

乳を与えると5分もせずに寝るくせに
布団におろすとギャン泣きし

袖を咥えたりして、乳をほしがるから、与えると

またすぐに寝て
おろすと泣き

その繰り返しで2時間近く経過・・・
乳枯渇。

でも
おかげで寝てしまってからは
5時間くらい寝続けてくれて

わーお!久々にママもこんなに連続で寝れたYO ☆

ってなかんじで

今朝は快調です。母子ともに。



さて

4日に仕込んだ風船が
下界に落ちることなく迎えた1月5日。

朝6時にたたき起こされ
1錠目の陣痛促進剤経口投与。

その後朝7時、8時と計3錠飲んだところで
旦那ちゃん、病院に到着。


妊婦の言うことにゃ



ということで。

9時に一応内診。
子宮口が開いていれば、風船は
下界に落ちてなくても、膣内に落ちていることもあるようで

でも

ワタシの子宮口は2,3センチどまり。
3,4センチ開かないと、出産には難しいようで。

念のため、内診直後から、1時間おきに
また3錠経口投与した陣痛促進剤も
ほとんど効かず

「6日出産ね」

と院長先生から告げられたのでした。


ワタシ自身が陣痛を感じなくとも
張りが定期的にきている可能性もあるので

朝昼晩と、定期的にNSTも行われるのですが


そのたびに激しく動く我が子。

そしてその様子を見た看護師が放った

「わいは(訳:おやまぁ)、落ち着きのない子だね」

という一言。

どうもすいませんでした(むきー)

ていうかさ
頭を下に下げて大人しくしてた所に
風船ねじ込んできたのそっちじゃんヽ(`Д´)ノプンプン

でもこの看護師さんは
歯に衣着せないサバサバした性格なだけで

打てば響くように、質問にも的確に答えてくれる
分かりやすいお人でした。お世話になりますた。




そんなごろごろ動く胎児を腹に入れながら
旦那ちゃんにまだ謝り足りないワタシ。


嫁「ごめんよ、旦那ちゃん・・・」

旦那「何が?」

嫁「1月5日生まれなら《イイコの日》だったのに」

旦那「・・・・・・・は?」

嫁「!!!あ、でもさ、1月6日生まれだと《色男の日》だね☆」

旦那「・・・・・・いや、もう、別に、どっちでも・・・・」


そんなこんなで
色男が誕生することが決定したのでありました。

いよっ!この女泣かせ☆

banner_02.gif←予定日通りなら
←《まぁ、いーやの日》だったのか。
COMMENT : 5
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

そばにいるよ

どうも、両鼻穴がつまり気味の息子を持つママン
もてぃこです、こんにちは。

母子同室になってから
ずっと鼻をグスグス言いがちな息子。

最近は乳を吸うときに常にぶたっパナ・・・

こうなったら
「ママ鼻水とって」を買うべきなんだろうか・・・

でも
まだまだちっちゃい息子の鼻穴に
何かをつっこむのって気が引けるなぁ・・・
大きなくしゃみとかして
鼻くそがスポーンと取れてくれたら一安心なんですけどね。

母親になるってことは、何かを心配して
悩みが尽きないってことなのかもしれないですね。



さて

本日の本題。

妊娠してからというもの
立会い出産をするか否かは、すぐに話し合われました。


ワタシは妊娠するまで、立会い出産反対派。

何が悲しくて、髪振り乱して、歯を食いしばって
自分の性器が、ぐわぁーー!と開いて
小さな人間が出てくるところを
愛する人に見せねばならんのだ、恥ずかしい。

と思っていました。




妊娠、出産っていうのは
一生のうち、1回あるかないか。

なんだか記念に見せてみたっていいんじゃない?



妊娠してからは意見が一変。
旦那ちゃんは元から前向きな考えだったため
立会い希望のスタンスで今までやってまいりました。


しかし

計画分娩で決まった分娩日は
1月5日もしくは6日。

旦那ちゃんの仕事始めの日。

どう考えても忙しい日。


ワタシは
どちらを優先するかの選択を、旦那ちゃんに委ねました。

すると、新年明けてもどうするか決めかねる旦那ちゃん・・・

わ、忘れてた。

旦那ちゃんが無類の優柔不断男であることを。

で、とうとう入院前日。

「オレ、立会いするわ」

と、方向性決定。

ウチの両親にも、2日間滞在日数を延ばすことを告げ
あとは会社に連絡だ!


「うん、明日、上司(あだ名は鬼軍曹)の携帯に電話するよ」



・・・・・・・イヤな事は最後まで先延ばしにするタイプのパパン。


ワタシが風船を子宮口に入れた後
意を決した旦那ちゃんは病室を出て行き



超余裕って顔してるけど、あんた( ゚Д゚)⊃旦 チャノメヤ


ということで

ビビリな旦那ちゃん、大事な仕事始めを蹴って
立会いすること決定!!

さて

その決断が旦那ちゃんにどんな運命をもたらすのか
後悔したのか感動したのか

結果は後ほどー

banner_02.gif←繁盛している病院なので
←出産する妊婦は必然的に個室(超快適!)
COMMENT : 7
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

初日、開幕、始球式

どうも、授乳クッションのありがたみが身にしみるママン
もてぃこです、こんにちは。

妊婦時代に購入したものの
退院してからあまりにもバタバタしていて
便利グッズを紐解いてみる余裕すら生まれず

昨夜、ようやく使ってみました。ところ。

いやーー!楽チン!

両手が自由になっちゃったYO!

乳だけ差し出して、後は好きなことが出来るなんて
今の母親業は、昔のそれと違って、随分楽になってますな!
(比べたことはないけどねーw)



さてさて

年の瀬に、ラーメンてんこ盛りで食べたワタクシ。

その後も大晦日、正月3が日、と、日がなもりもり食べつくし
どれだけ体重が増えようとも
検診が待ち受けない幸せをかみしめながら

入院する1月4日まで
英気を養いました。


そして
入院当日。


午後2時に病院に入り
病室へと通されるワタシ、と、他3名(旦那ちゃん、父母)。


入院にあたっての病院の説明と
出産までの流れの説明を受けます。

それによると

4日のうちにする作業は1つ。

子宮口を開くため
風船(のようなもの)を内部(!!)に入れ
そこに生理食塩水を入れて膨らまし
風船を3~4センチにする。

それが
今日中に内部から外部へ落ちれば、子宮口開き成功。
次の日である5日の午前に、陣痛促進剤を経口投与し
午後には人工的に破水させ⇒点滴で促進剤投与⇒出産。


風船が落ちなかった場合
5日に経口投与した促進剤が上手く効けば
上記と同じように出産。

効かなければ
風船交換。もう一日様子を見て、6日に出産。


ということだそうで。

子宮口が開くのも、陣痛が来るのも、破水さえも
ワタシと胎児のペースを丸無視した計画分娩・・・

それってどうなの??

と、思いながら
受け入れるしかないワタシ。

とりあえず
14時に入院してから3時間後の17時。

いよいよ水風船投入。




とはいえやっぱ、すっげ痛いし・゚・(つД`)・゚・!!

でも
ママン頑張ったよ!
「痛いですけど我慢ですよー」
とか言われたとおり

「むぐぐぐぐぐー・・・」って
心の中で言う程度におさめましたよ!

なんでもなかったかのような顔で
分娩台から降りましたよ!


そう

これらの処置は
すべて分娩台で行うんですな。

うーん
予行練習な感じー!

でも
入れる痛みと出す痛みはまた、勝手が違うんだろうと
恐怖心もむくむく沸いてきました。


なんにしても
ココまで来たら早く産んでしまいたい。

何が何でも、風船よ、明日までに外部へ落ちろ!
と願ったのであります。
(トイレで落ちたりするから
そしたらすぐにトイレからナースコールしろ、と言われました。ひょえー)

banner_02.gif←水風船の色は
←よくあるピンクで、なんとなくコン○ームっぽいですw
COMMENT : 13
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

たがが外れてもいい頃

どうも、寒い日が続く青森で
ぬくぬくとストーブがつき続ける部屋に
息子と二人、外の極寒を感じずに生き続けるママン
もてぃこです。こんにちは。


しかし
毎日すっごくお腹が空きます。

食欲自体は
妊娠時代のほうがあったんですけど

3食しっかり食べないと、私に栄養が足りなくなる
と、本能的に感じて
もりもり食べてます。

昨日「あーーやばい、お腹が空きすぎる!」
と言いながら、ご飯を掻きこんでいたら、父が

「・・・・・・すっげー食べ方・・・」
と引いていました。

確かに客観的に見ても
野球部の合宿、みたいな。そんな感じで「おかわり!」みたいなw


それなのに

退院した日(12日)より1キロ痩せたってんだから驚きです!

ママ業ダイエットすげー(期間限定だけどねー)


さて

12月30日、入院日が決まり
近くで時間をつぶし、待っていてくれた旦那ちゃんと合流。
5日が仕事始めの旦那ちゃんに

「休みを取って立会いする」か
「立会いはあきらめて、直後の3連休にまた青森に来る」か

選ぶように言いました。

自然分娩で、正月休みに産気づけば、確実に立会いが出来るけど
5日や6日なら、立会いは厳しい、と最初に話し合っていたからです。

そんで、もしも
予定日超過で、3連休に生まれるなら、これまた立会いが出来る
はずだったのに。

計画分娩っていうのは
取り上げる先生の休みを確立するためでもあるようで

正月休みは誰も出産予定が入っていないようで。

まぁ個人病院で、医師が2人じゃ
そのほうがモチベーションも、出産効率もやっぱりいいんだよね。
頭ではよく理解できます。

まぁ、今、その方針について文句を言ってもしょうがないので
もやもやしながらも、最後の検診が終わったってことで


旦那ちゃんと2人、人気のラーメン店へ。



頼みに頼んだ全部のせ
(ごはん、おしんこ、中華もやし付き)


すっごい久々のラーメン店。。。
もう何年後になるかな、次に食べるの・・・

幸せな美味しさで、満腹満足!
1食で、1日分のカロリー摂取したことは確実☆

そして、その足で
高校時代足繁く通った、ソフトクリーム人気店へ行き

「お・・・オレはお腹いっぱいだからいらないかも・・・」

と尻ごむ旦那ちゃんの分も無理やり頼んで
バクバク食べ尽くし

出産まで、もう体重測定がない
という
計画分娩ならではの、先が見える良い年末年始を迎えました。


うーん、悪いことばかりではないかも?

banner_02.gif←チャーシューが6枚入っていたもんで
←さすがに全部のせは欲張りすぎた、と途中で思いました(でも完食)
COMMENT : 6
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

かのように時は決まれり

どうも、YouTubeで色んな歌を聴かせて
一番胎動と連動した森山直太朗を
産後初めてCDで聴かせてみたら


超大量のうん●を生産した息子に乾杯。


メ○ーズのキャパをさくっと超えた量を
一度に放出する肛門を
笑顔で拭き拭きすることを日課とするママン

もてぃこです。こんにちは。


ついでに

PCに向かった5分後に泣かれ
片乳を差し出しながら
片手でブログを打つ

ど根性ブロガーもてぃこです。


さて

出産に先立ち
2008年最後の検診に、12月30日、行って来ました。

すると

推定体重は2774gに増えていて
(予定日には3000近くまでいくかも!)
とニヤつくワタシ。

ところがところが


内診を終えたワタシに、院長先生が言うことにゃ




・・・・・・・・・・・・・えーと

どゆこと??


詳しく話を聞いてみると

どうやら病院の方針は、基本的に計画分娩らしい

ということが判明。



ていうか判明するの遅くねΣ(`д´;)!!?

妊娠3ヶ月目には産む産院を決めなくてはいけない時代。
自然分娩に憧れたのは、産院が決まってからでした。

予約した産院は、無痛分娩と不妊治療で評判の産院で
そんなことすら知らず、母親が「評判いいらしい」と
仕入れてきた情報だけを曖昧に頼って

でも一応電話で確認したところ

普通分娩も当然やっているとの事。

つまり
普通でも無痛でも
決まった日に入院させて
決まった日に出産させる

非常に効率の良い計画分娩万歳!!

ということらしい。

決まった日に産むって事は
促進剤を予定日前なのに使うってことで
他にも、子宮口を開くために
水風船みたいなものを入れたりするとか
口頭での説明は続き


まぁ

何ていう科学の進歩!
(嫌々気分を盛り上げるワタシ)


そんなこんなで
優しかった院長先生が、悪の科学組織長官に見えてきた
情報仕入れ不足だった自業自得の妊婦。

あらあら、おやおや
それからどんどこしょー

banner_02.gif←「夏の終わり」を聞くと
←数年前の熱闘甲子園が脳裏をよぎる
COMMENT : 5
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

大変長らくお待たせいたしました

どうも、ハイパーメディアクリエイティブママン、もてぃこです。こんにちは☆

お久しぶりでございました。
明けましておめでとうございます。

皆様、行く年来る年、思いを馳せましたでしょうか。

初夢はご覧になりましたでしょうか。

年越しそばは、海老天でしょうか。

年明けにはやっぱり、黒豆やなますを頂きましたでしょうか。

あぁ

いい加減本題に入れ、という声が聞こえましたので
さっそくご報告させていただきますね。



新年一発目のすき焼き肉は、八甲田牛ロースでした



はい

ごめんなさい

悪ふざけしました(しかもすべった空気をビシビシ痛感中)



改めまして



1月6日、午後4時45分

2470gの元気な男の子を産みました。



早速お披露目させていただきます。



産まれて30分後くらいの我が子です。


え??なんですって???


こんなに可愛い新生児、見たことない、ですって???


ふふふ
そうでしょうとも。

では数日経過した我が子、もう1枚アップ。
気前いいぜ、ママン。

gyakuanguru_convert_20090113124213.jpg

拍手と喝采が耳に痛いですな!!

いやまったく

親バカ、ババ馬鹿、ジジ馬鹿とか
そういう言葉は、よく耳にしますが

このままでは皆様

「ロム馬鹿」

になってしまいますよ!!

まぁ

これだけ可愛い赤子を目の前にしたら
誰もがメロメロになるのは当たり前なんですけどね!!

ikemen_convert_20090113124143.jpg

め、メロメローーー(そっと目をそらしながら)



ちゅうことで

今後、妊娠コロシアムは
出産コロシアムと名を変え

出産時のあれこれを
のんびりまたーり
しばらく綴っていく予定です。

体調と0歳児隊長の、様子を見ながらですので
突然の更新お休みなどもあると思いますが
皆様も、のんびりお待ちくださいませ。

それでは

今後とも

母となったもてぃこと
もてぃこの元に生まれ落ちてきた息子を

よろしくお願いいたします。

banner_02.gif←友人たちに「美人な男の子が産まれたー!」と
←「ほんとに美人だね」としか返信出来ない、出産報告メールを送った私
COMMENT : 13
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

プロフィール

もてぃこワイフ

Author:もてぃこワイフ
松坂世代。

1月6日に産み落とし
マイペースで育つわんぱく息子と
優しくて人の話を聞き流す旦那と
3人4脚で人生の荒波を超えているママン。

息子が大きくなったらアレを食べよう
と、食べたいものを目標に頑張って生き抜いています。


1565.jpg

調子こいてすくパラはじめました。


↑↑↑↑↑↑
常連嫁っこんちの理髪店、開店準備ブログ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (0)
はじめに (2)
妊娠発覚 (2)
妊娠初期 (24)
閑話休題 (5)
妊娠中期 (37)
妊娠後期 (30)
出産 (20)
0ヶ月~6ヶ月 (42)
7ヶ月~12ヶ月 (9)


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


Copyright © *育児コロシアム* All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。