This Archive : 2009年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

いーれーてー

どうも、本日、初バスタブデビューする予定の息子を持つママン
もてぃこです。こんにちは。

土曜に東京へ戻る関係で
ベビーバスを荷物として梱包しちゃったものだから
今夜、わたくし、初めて裸んぼうになって
息子とともにお風呂にINしちゃいます。

手が滑って、どぼーん

みたいな
ベタな展開が、本当に起こりそうで怖い。


さて
今日の一枚は
息子が所属しているチームの名前を表しています。



布団を両手で持ち上げ隊(三等兵レベル)


起きている時
それが、ご機嫌だろうが不機嫌だろうが
常にやります。

おくるみして、腕を一緒に包んでいるのに
2秒で振りほどきます。

布団もしっかりあごまで掛けるのに
2秒ではだけます。

そして
夕飯時など、息子の頭上方向でおしゃべりしていると
そっちを見ながら「いーれーてー」と言いたげに
更に力強く持ち上げるのです。

これ、寝返りが始まったら
あっという間に布団から脱出するべな・・・ぞぞぞ

でも

可愛いから許す!!!!!

証拠画像をおいて、今日はおしまい。

IMG_0335.jpg

あ、どっこいしょー

IMG_0337.jpg

片手バージョンも楽勝でっせ!
(口に添えた手は、チャーミングベビーアピで、ママンメロメロなんだぜ)

banner_02.gif←布団を掛け直す回数が半端じゃないのよ
←と、目尻を下げながらママンは言うんだぜ
スポンサーサイト
COMMENT : 8
TrackBack : 0
CATEGORY : 0ヶ月~6ヶ月 | THEMA : 男の子育児 | GENRE : 育児 |

探し物は何ですか

どうも、昨夜から眩暈が止まらないママン
もてぃこです。こんにちは。

確実に疲れがたまっているんだと思います。

寝不足が原因なのは誰の目にも明らかです。

さっさと今日の本題に行っちゃいましょう。

あ、ちなみに

今週末に東京に戻ります。

もっと疲れがたまると思います。

更新頻度が落ちても怒らないでね。

さぁ
今日の一枚。



秒速で、乳首揺れます
(そして100%見つけきれずに泣く息子)

目の前にあるというに
というか
何度も瞬間的に、口に入れているというに

あまりに早く、首を動かして探すものだから
自分で口に入れて、すぐに自分で口から外しちゃうのね。


馬鹿っ子か、貴様。


結局
ママンが、パニックで、大口開けて泣く息子のその口に

よいしょ

と乳首を入れてあげて、授乳が開始される日々。

でも可愛いから、毎回探させて
「まぁ落ち着けって☆」
と突っ込んでおります。

ツッコミ担当大臣としては
ツッコミ甲斐のあるオスが、もう一匹増えて
嬉しい限りです。

banner_02.gif←でもママンも結構ボケるよね
←とか、ツッコミ返されたりしてみたい
COMMENT : 9
TrackBack : 0
CATEGORY : 0ヶ月~6ヶ月 | THEMA : 男の子育児 | GENRE : 育児 |

嬉しさと寂しさと母子手帳と私

どうも、最近、おならのニオイ=ウン●のニオイ、になった
息子を持つママン、もてぃこです。こんにちは。

ぼびー

という乾いた音がすると
(あ、おならだな)と、頭ではわかるのに
その後香ってくるニオイが
完全にウン●。

ママの嗅覚が、脳に誤作動を引き起こし
「エマージェンシー!オムツ開けよ!」
という命令が下され
開けたら不発弾、ってことが増えてきました。

そして最近
ウン●の回数が一気に減ったことにより
1回で出す量がすさまじく
しっかりオムツをつけていても

背中やら
太ももやらの

わずかな隙間を見逃さず
毎回モラッシャーと化してきてます。

1日2回ほどの、そのウン●との闘いは
結構な死闘でございます。


さてさて

生後40日目だった昨日が
1ヶ月検診として指定された日でした。


なにが驚いたって
それまで記録的な暖冬だった青森。
雪なんて道路の端に、かろうじて少し残っている程度だった青森で

まさかの猛吹雪!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

乳幼児、外に出しちゃいかんでしょ!こんな日に!

ということで




スーパー防寒人、出来上がり☆(・∀・)モエッ

いざ、産院へと行って参りました。
(そして着いたとたんに、帽子と靴下とベストを剥ぎ取られ
 それらはママンに手渡されましたw)

検診結果

体重:2470g⇒3920g
身長:48cm⇒51cm
頭囲:32cm⇒37cm
胸囲:29cm⇒35cm

すっごいよねー!!!
赤ちゃんって、1ヶ月でこんなに成長するんだよねー!!

頭では分かっていても、自分の子となると
すっごい驚きと喜びでいっぱい☆
そして、ほんのちょっとの寂しさもあり・・・

幼稚園、小学校なんて、あっという間だ、何て聞くけど
そうだろうとも思うけど

この、ちっちゃい、頼りなげなまま
ママのそばにいてもいいんだよ・・・?とか思う自分もおります。

それでも
あんなに小さくて、消え入りそうだった我が子が
もう4キロ目前、っていうのは、やっぱり嬉しい!

これからもいっぱい飲んで、大きくなってね。

とにかく、すべて順調に育っていてくれてます。
ママの体の回復も、完璧だそうです。

ありがたやありがたや。


でも
今回の検診で色々準備をしていて、分かったこと。

それは

赤ちゃんを連れて外出するのには
えらく時間と労力が掛かる、ということ。
(昼に家を出るのに、朝からずっと時間に追われました。
 慣れる日は来るのか、果たして。)

そして

ウチの息子

へその緒が首に絡んで産まれてきた、ということ(だーん)


いやービツクリビクリツ。

母子手帳に、1ヶ月目の息子の様子を
ママンが書き込むところがあるんだけど
書き込みついでに、出産時の記録をもう一度見直したところ


「頚部臍帯巻絡1回あり」


って

ええええええええええええ

そんな大事なところ、見逃すほどに
ママン、お前が産まれて来たことに浮かれていたよ。

そうか

苦しかったろう。
よく頑張ったね。



1ヶ月以上も経ってから
とんちんかんに、息子を褒めたママンでした。

banner_02.gif←帰宅後、どっと疲れて眠りをむさぼった親子が
←ムニャムニャしながらお送りする、育児コロシアム、開幕。
COMMENT : 6
TrackBack : 0
CATEGORY : 0ヶ月~6ヶ月 | THEMA : 男の子育児 | GENRE : 育児 |

出産コロシアム、終結

どうも、昨日の記事で
「子宮の収縮が、胎動に激似」と書きましたが
コメントにて「腸とかの動きじゃないの?」と書かれてあり
先ほどググりましたところ

どうやら腸の動きらしい

ということで
訂正してお詫びします。

ごめんねごめんね~(U字工事で)。


そんなおっちょこちょいなところも可愛いママン
もてぃこです。こんにつわ。

昨夜、息子が初めて

ママのパジャマにミルクを大量噴射しました。
そしてその後、けろっと4時間も寝ました。

ミルクの量が増えたので
食道にたまりやすいとか
よく動くようになったので、逆流しやすいとか
そういうことなんだろうけど

ママは若干パニックに陥りかけたけど
なんでもないような顔をして
むにゃむにゃしている息子を見たら

なーんだ、全然大丈夫じゃん、って
冷静に後片付けできました。

息子に助けてもらっちゃった。


さて

ワタシが産後、楽しみにしていた事の1つに
母のある言葉がありました。

それは

「産まれたら、お腹がぺっしゃんこになって
 わー!なくなってる!って思うよ。」

って言葉で。

産んだ次の日から、シャワーを浴びれるため
その言葉の真意を確かめようと
うきうきでシャワー室へ行った私。

ninshin6kagetsu.jpg

妊娠6~7ヶ月の腹がそこに_| ̄|○ il||li

全然ぺしゃんこじゃねー!
ていうかすごい存在感ー!

でも、1週間の入院中に
徐々にぺしゃんこには近づいていきましたがね・・・。
ただ、腹周り、背中周りの
伸びた皮と皮下脂肪の行き所は、いまだ見当たらず・・・。


さらに

産後4日目。

トイレで用を足すと、なにやらドゥルン、と
産み落とした感じが。

見ると
大きな血の塊(おせんべい1枚分くらい)。

katamaritoshissin.jpg

さらにその頃から、両腕に湿疹現る。


前者は
即刻内診されて
「悪露が中にたまって、固まったもの」との診断。
(悪露についてはコチラ

子宮収縮剤を追加で処方されました。


後者は
免疫力の著しい低下による
急性の手湿疹。

もともと、ごく弱~いアトピー体質らしいです。ワタシ。

えーと

28で、出産して初めて知りましたけどねw


そのアトピーの症状が
弱っているときだけ出るみたいで。

コチラは軟膏が処方されました。

自分で思っている以上に
体は疲れているのだと、改めて思いました。
そりゃあそうか、出産だもんね。


そんなこんなで

トラブルはそれなりにあったものの
退院前検診の時には

「もてぃこさん、すごいね。スタスタ歩けて。
 赤ちゃんも2500g超えたし、一緒に退院できるよ!」

と言われるほど、見た目上、完璧に回復し

それっていうのも
総出産時間:6時間18分
という、超安産型計画分娩のおかげかなぁ
と、最終的には思えました。

何だかんだ言って

ワタシ、計画分娩じゃなかったら
もっと時間が掛かって、肉体的にも参っていて
こんな風にすぐにブログ始めたり、出来なかったんじゃないかと思います。

どんなお産にも、メリット、デメリットがあって
計画分娩のメリットに、最終的には感謝できて
いいお産の思い出になりました。


banner_02.gif←来週から
←育児コロシアムになるとかいう噂
COMMENT : 12
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

妹かな、弟かな

どうも、美しすぎる横顔で
明日を見つめる息子を持つママン
もてぃこです。こんにちは。

200902121015000.jpg

オムツメーカーの方。
オムツ1年分で、モデル契約しませんか?(息子の安売り)



さて
あちこち痛む産後。

下のほうの痛みに付け加えて
分娩台で、レバーを握りつづけた、腕の筋肉痛。(わたしだけ?)
そして
忘れてはいけないのが

後陣痛。

痛みの種類としては
前駆陣痛に似ていて
生理痛の酷いのが、数日間続くのです。

ワタシの場合
四六時中痛い、ということはなかったですが
ようやく授乳を終えて
眠りにつこう、というときに痛み出したりされると
しばらく眠れなかったりする、なんとも、こ憎たらしい種類の痛み。

3キロ近くもの人間と
500gほどの羊水、更に胎盤。

それらを包括していた子宮が、一気に縮もうとしているのだから
当然痛みを伴って当たり前なんですが

面白いのが

その痛みと主に、縮む子宮の動きが、なんともかんとも

胎動にくりそつ(*´∀`)

このブログを始めてから、コメントで
そんな話を聞いてはいたけれど
面白いくらいに、胎動そのもので

思わず

taidoutoshinseiji.jpg

息子を見ながら、空の腹をなでる
(腹に向かって「よちよち」とか言いながらw)

そして

はた、と気付いたとき
恥ずかしさのあまり、個室で2人きりの息子に

「あんた、ココから出てきたのよねー」

などと、とってつけたように、なでながら話しかけ
自分への言い訳、取り繕いをしたりする
なんともかんとも
恥ずかしママンなのでした。

banner_02.gif←さらには、正式に「旺介」と名付けてからも
←胎児名の「クルちゃん」と呼んでしまう、ハズかしな数日間も体験
COMMENT : 7
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

浅間山に続け

どうも、自分のおしっこを自分の顔にかけてしまうという
ハプニング大賞な息子を持つママン
もてぃこです。こんにちは。

授乳時間よりも1時間半ほど早く目覚め
「なにやら気に入らないわい!!」
と、泣く息子を抱っこしたところ

「ぶばぁっ!!!」

と、腕の中でウン●放出。
大体、その後立て続けに、もう一度放出するパターンが多いので
しばし様子を見るも、2度目はなし。

それでは、と、オムツを開け、お尻拭き拭き・・・
し終えるかどうかで、やはり2度目の放出。

振り出しに戻ったお尻拭きに、夢中になっていたあまり
噴水していたことに気付くまで、1秒掛かってしまいました。

1秒あれば、噴水も顔まで届くんですね!!
(尻を持ち上げていた、というのも手伝ってのことだとは思うけど!)


母ちゃんびっくりして
お尻拭きでお顔拭いちゃった☆


だいじょうぶ。

ウン●がついた、使いかけのお尻拭きじゃなくて
新たに取り出した1枚だったから。きれいきれい。
死なない死なない(ダメママの極み)。


あ、ちなみに

お尻かぶれで以前、皆様に心配かけておりましたが
だんだん、1日にする、ウン●の回数も減り
肌も強くなってきたのもあって
かぶれ、随分良くなりました。

ちなみに
まだ買いだめておいたお尻拭き、消費しきれてません。てへ。


それから、本日、なんと、ワタクシ

初めて息子の爪を切りました!!!

あーー緊張した・・・
はさみタイプでも、肉を切っちゃいそうで、本当に怖い。



さて

出産っていうのは
陣痛も痛けりゃ分娩も痛い。

でもそれは、産みの痛みってヤツで
先に喜びがあるから耐えられるし
産んだ後の大量のアドレナリンで、薄れる類のもの。


実は一番辛いのは
地味に痛い、産んだ後の苦しみじゃなかろうか。

なにしろ
かっっっったいウン●を出すみたいに
いきみ続けた肛門のダメージもあれば

当然

切開してまで産み落とした
あの辺のダメージなんか
想像以上に酷いものだと思う。

出産を終えて、分娩室から病室に歩いて戻って
ふらっふらだから早く座りたいのに

座ったら痛さで叫びそうで
ドーナツ座布団が来るまで、怖くて座れませんでした。

ようやく時間をかけて横になっても



「横になる⇔起き上がる」の行程の間に「座る」があるが故。

歩くときも、へっぴり腰で、がに股気味。
そんな日々を入院中は続けました。

ワタシの感覚では
産んでからずっと、肛門が

「1か月分溜め込んだ便秘を解消しようとしている、まさにその産みの苦しみ」

という痛みを主張していたため
看護師さんに

「ワタシ、絶対脱肛してますよね」
と、確認してもらっちゃいました(怖いものナシ)。

でも
そんな痛みを主張する肛門でも
「脱肛してないよ!」
というお墨付きをもらえて、驚き!&幸せ☆


が しかし


退院して、1週間ほど経った頃
肛門がうっ血状態で、痔との共同生活、再スタート。


そこから更に1週間後には
うっ血した肛門の腫れ、噴火。

おかげ様で、切れ痔に発展いたした次第です。(今なお継続中)

めでたしめでたし(超号泣)


banner_02.gif←ひとところに、動かずずっと座り続ける授乳作業が
←ワタシを痔ワールドへと、再び導きました
COMMENT : 5
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

おちょぼな君が出てきた日

どうも、産まれてから、2週間くらいずっと
げっぷを出すのが、下手くそだった息子を持つママン
もてぃこです。こんにちは。

病院にいる間も
退院してからしばらくの間も

なかなかげっぷを出してくれなくて
仕方ないから横向きで寝せて
ドキドキしていた日々はもう過ぎ

最近は

え??今のって
50過ぎのおっちゃんの、飲み会帰りのげっぷじゃねぇの?

って感じのヤツを
「げぶふぅーーーー」
と放出してくれますので
安心して放っておけます。

それでも
首を左右に激しく動かすので
ミルクは、ケポっと吐いちゃったりしますけどね・・・。


そんな息子が
この世に誕生した瞬間を
目の当たりにした旦那ちゃん。

立会い出産という選択をして
どんな感想を持ったのか。

実はワタクシ
大してその感想、聞いていませんでした。

まぁ、一応
「血がどばーって出たと思うけど、よく倒れなかったね」
と、産んだ後話しかけたら
「あぁ・・・出たんだろうけど、頭が出てきて、その後全身が出て・・・
 それに注目してたから、気にならなかったわ。」
と答えてましたし。

帰りしな
「休みとって、立会いして、良かった」
と言っていたので、その感想だけで満足してました。


でも
ブログに載せるには実に中身に乏しいw
ということで
改めて、先日、電話で聞いてみましたところ。


「胎盤も見ちゃった☆でっかい血の塊ってだけだった」
(ひょえー!よくそんなの見て平気だな!!)

「欲を言えば、結果論だけど
 30分程度の分娩時間なら、全部見たかった。」
(ワタシは最初のほうは見せなくて良かった気がするよ・・・)

「立会いしたほうが、自分の子供、っていう実感が
 湧きやすいんじゃないかな」
(男性目線は、想像がつかないけど、そういうものかしら)

ということらしく



ブログ用に聞いたって、スグばれた(ノ∀\*)キャ


ともかく
ワタシの中で、一大プロジェクトだった妊娠、出産は
旦那ちゃんの中でも、十分に一大プロジェクトだったようです。

産まれて来た、そのことで
母のことも、父のことも
感動に包んでくれた、親孝行な息子は
今からころころと、表情豊かに
みんなを笑顔にしてくれています。

otokuiochobo.jpg

弱々しく見えた君は
もう、先のわんぱくっぷりを想像できるほど
名前通り、食欲旺盛、元気旺盛に育っていてくれて

ママンもパパンも嬉しいよ。

banner_02.gif←とはいえ、乳首を食いちぎろうとする力には
←今から、歯が生えないように願うに十分値するのです
COMMENT : 6
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

大仕事を終えた夜には

どうも・・・・・・

購入したスリングに
息子を抱き入れる練習をしていたら
眉毛の部分を、カリッ!と引っ掻いてしまって
すっごい罪悪感・・・なママン
もてぃこです、こんにちは。。。

せっかくの可愛いお顔を傷物にしてしまった
ママンを許しておくれ(´Д⊂

あースリング使いこなせる気がしなくなった(大泣


そんな
傷物の息子

本日生後1ヶ月を迎えました!!!!!

おめでとー!ありがとー!ごめんなさーい!!(号泣



ご機嫌が良かったら
いいお顔を撮影して、記念にアップしようと思っていたけど

午前から、その事故を含め、今まで
ずーっとご機嫌ななめでして
寝ても15分とかでして
デジカメ構える暇がありませんでした・・・


いずれまた、成長した息子を載せるので
気長に待っていてくださいませ。


さて

アドレナリンで、名前を勝手に決めようとしたママンを置いて
旦那ちゃんと両親は、ワタシの実家へ帰宅。

旦那ちゃんは、始発の新幹線で
東京に戻る予定でして
とりあえず、実家に名付けの懸案を持ち帰ったのであります。


そして
名付け本やら漢和辞典を見た結果
旦那ちゃんから電話が。



3:1で「スケ」の字が「介」に決定。
(どっちでも、とか言った割に、ちょっと悔しい)


大仕事を終えた権限で
ほとんど私が急に思い立った名前が
息子に付けられることになりました。


ということで


命名 : 「旺介」~オウスケ~


以後よろちく!!!


※でも実は
次の日くらいから
(こんな風に、勢いで名付けをしてしまって、本当にいいのだろうか)
と思ったワタシは

旦那ちゃんに何度も
「ねぇ、本当にこの名前でいいの?」と確認をとり続け
命名式をするまでにも、ちょっと時間を要したのでした。※


無事に名前を決めた、出産した日の夜。

大仕事を終えたため、あちこちが痛い。
それ以上に、心身ともにくたくただ。

さぁ
早いとこ眠ろう。

そう思った私は
21時くらいから電気を消して、ベッドへ。

ところが

oosigotogonoyoru.jpg

興奮状態で、全然眠れない!!!!
頭の中は、陣痛のときと分娩のときの記憶でいっぱい。
アドレナリンが体中を駆け巡って
いつの間にか、分娩の記憶なんて

「楽しかった!!!また産みたーい!痛かったはずだけど☆」

に、すりかわったりするから驚き!


そして
ようやく寝付いて、うとうとしても
1時間もすると
ものすっごい汗だくで目が覚めるのです。

すごいよ、出産!

ホルモンバランスがメチャクチャな一晩を過したのでした。


風船2回目<前駆陣痛<会陰切開の縫合<10時、10時半の陣痛<<風船1回目<12時半の陣痛<分娩台上での分娩後の諸処理<人工破水<<<<<<<センサー付け<13時、14時の陣痛<子宮口開き<15~16時の陣痛<<<<分娩室直前の陣痛


分娩の痛み(別格・・・?だと思う、多分、確かw)

banner_02.gif←旦那ちゃんの感想と
←出産後のあちこちの痛みは、また来週☆
COMMENT : 5
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

分娩室、その後

どうも、オムツを変えた瞬間に
ブリブリウンチョスをするのが得意な息子を持つママン
もてぃこです。こんにちは。

実は
1月31,1,2日の3日間にわたって
旦那ちゃんが息子に会いに、青森まで来ていました。

産まれた日、以来の再会です。

そこで
初めて目にした息子のオムツの中身は
今まで生きてきた数十日間の中で
もっとも大量に放出した、ウンチョスだらけのオムツで

ワタシですら、多少面食らって、あくせくしたそれを
旦那ちゃんはどう見たかというと

さり気に距離を置いて
私が処理するのを見守っていましたw

「へぇーすごいねぇ・・・(ゴキュ)」

と、戻しそうな何かを飲み下す音まで聞こえて
ちょっぴり東京に戻るのが、不安になったママン☆


さて
昨日の記事で、長々続いた出産までの流れはおしまい。

余計なことまで書いてしまって、まとまりがつかないので
こんなに長い日数がかかってしまいました~。
お付き合いありがとうございました。

では、今日は分娩室で起こったその後をば・・・


おんぎゃ!

と産まれた我が息子は
私の腹の上に、数秒間乗せられ
そっと手を添えたところを、旦那ちゃんが1枚写真に収めるや否や
体重計測やら何やらのために、目の前から連れ去られました。

その後、私はぎゅうぎゅう腹を押され
胎盤を産み落とし
いつの間にか切開されていた会陰を縫われ始めました。

局部麻酔が掛かっているらしいのだけど
ちくちく感は実に不快・・・

その不快感に耐えている最中
外から聞こえてくる、両親と旦那ちゃんの歓声。



スーパー疎外感&孤独感・・・(´;ω;`)ウッ…

縫合は結構長い時間がかかり
何針縫ったのやら・・・

他の諸処理も終えて
ワタシは分娩台で、しばらく休むことに。

yukiyamajaarumaishi.jpg

震えが全身を襲う:(;゙゚'ω゚'):サムィー

K田さんは、過呼吸と判断していたけれど
それもある、だろうけど
多分、貧血と、全身力を入れ続けた反動もあると思う。

とりあえず、陣痛室で使っていた布団を掛けてもらい
ぼーっとしていたら
旦那ちゃんと、暖かいベッドに乗せられた息子が私の元へ。

その息子を見たら

ようやくちゃんと会えた!!!っていう気持ちと
産まれてきてくれて、ありがとう!っていう気持ちが私を包み

どんどん息子が神々しく輝いて見えてきて

涙が溢れた私。

そして

安っぽいドラマのように
「名前が降りてくる」という現象にとり付かれてしまったのです・・・

adorenarintonaduke.jpg

何ヶ月もかけて考えた候補が、水の泡に(;´∀`)

降りてきた名前は
それまで候補に挙がっていた

朔也(さくや)、や、比呂人(ひろと)
恭輔(きょうすけ)、享平(きょうへい)

を一掃し
目にも留まらなかった漢字だったのに、ワタシは断固として譲らず

旦那ちゃんと、両親を困惑させたのであります。
すべてはアドレナリンの仕業。(ってことに)

さて、「旺助」という名前に決まるのでしょうか。



風船2回目<前駆陣痛<会陰切開の縫合<10時、10時半の陣痛<<風船1回目<12時半の陣痛<分娩台上での分娩後の諸処理<人工破水<<<<<<<センサー付け<13時、14時の陣痛<子宮口開き<15~16時の陣痛<<<<分娩室直前の陣痛


分娩の痛み(別格)

banner_02.gif←「オウ、の漢字は何?」と、旦那ちゃんに聞かれ
←「は?"旺”に決まってんじゃん。」となぜかキレ気味に言った私
COMMENT : 7
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

余計なものはいらない

分娩室にて

以下

も・・・ワタクシ
K・・・助産師K田さん
先・・・院長先生
A・・・看護師A
B・・・看護師B
旦・・・旦那ちゃん


K「はい、それじゃあまずはもてぃこさん、練習するよ!
  大きく息を吸ってーーー吐いてーーーー

 フーの、フーの、ウンッ!!!」

も「フーの、フーの、ウンッ!」

K「うん、そんな感じ。ハイもう一回。
 フーの、フーの、ウンッ!!!」

(と同時にK田さんの手が子宮口をコレでもかと広げる)

も「あぁああああああああ痛い!!!死ぬぅうぅううう!!

K「ううん!!もてぃこさんっ!
 痛いときに頑張らなきゃ、赤ちゃん出てこられないよっ!!」

も「・・・・・・はぃい・・・」

K「ハイ、もう一回!
 フーの、フーの、ウンッ!!!」

も「ウンッ!!ううぅ!!!むぎー!!!」

K「声ださないっ!!声出したら、下に力入らなくなるよっ!
 ハイもう一回!!」

も「ウンッ!!!ギゥー」

K「目をつぶらないっ!!目をつぶるとパニックになるからね!
 おへその辺りを見てっ!!」

も「はいぃ・・・」

K「練習はココまで。次からは本番だよ」

も「(あ!張りが来た!)フーの、フーの・・・」

K「まだだよ。もっと強くなったときね!
 ハイ、今から!!」

も「ウンッ!!!」 K「はい、息しっかり止めてー!!もっと長く止めてー!」

も「・・・!!ブヒィーーー!!」

A「もっと硬いウン●出すみたいに、だよ。」

も「フンッ!!・・・」 A「もっとウン●!!ウン●出すみたいにぃ!」

も(でも、これ以上肛門に力入れたら、みんなから聞いた、脱肛になっちまう!!
  ていうかK田さん、若くて可愛らしいから、肛門押さえて、とか、頼めない!)

以下10分ほど、「もっとウン●出すみたいに!」と言われ続け
言われても、つい脱肛が怖いあまり、力をセーブし続けるワタシの
シーソーゲームが続く。

K「・・・もてぃこさんっ!赤ちゃんの髪の毛見えてきてるから、頑張って!」

も「(髪の毛!!髪の毛て!!!頭じゃなくて、髪の毛数本て!
   先はまだまだ長そう・・・早く終わらせなくては・・・)」

K「もてぃこさん、ココからはセンサーはずすから
 自分でタイミング見て、いきまなくちゃ駄目よ。
 張りが来たら、いきんでねっ!!!」

も「は、はいぃ!(こ、高度なことを要求するぜ、K田さんよぉ。。。)」

も「(あ、張りが、来た・・・っ!)
  ぼちぼちっ!!!ぼちぼちいきますぅうううぅ!!!」

K「(苦笑)はい、ぼちぼちねっ!」

も「フーの、フーの、ウンッ!!」

B「あ、レバー、もっと下を持って頂戴。カバーはずれちゃうから(超冷静)」

A「もっとウン●・・・、うん、そんな感じ」

K「上手だよ、もてぃこさん!」

も「(もっと褒めて☆)はいっ、あ、また、ぼちぼちぃいい!!!」

K「ハイ、上手よー」

先「どれ、どんな感じだ?」

K「もてぃこさん、赤ちゃんちょっと疲れてきてるから
 赤ちゃんが元気出る薬、打つからね。」

も「!!!!!はい、お願いしまっす!
  (もう、脱肛とか、むしろどんとこいや!
  頑張れ息子、ママも固いウン●出すように、いきむよ!!)

も「ウンッ!」 K「上手!!」 A「そう、それそれ!」

B「旦那さん、立会いなら呼ばなきゃ」

旦「・・・!!」

A「旦那さん来たからねー」

も「はいぃ。フーのフーの、ウンッ!!」

メキィッ!!!メキメキッ!!!!

先「あと一回かな!?」

も「ウンッ!!」

メキキッ・・・・

K「あ、もう1回で出るよ、もてぃこさん!」

も「フンッ!!!!!!」

K「はい、出るよー!力抜いて!」 A「深呼吸!吸ってー、吐いてー」

も「はぁーすーぅー、はぁー」


ずるっ!じゅるすぽーん!!!!


あ・・あんぎゃ!!おんぎゃ!!!!

K「はい、おめでとう!!産まれたよ!!!」

も「あああああああ!!め、めんこいー!!!ワタシの子だぁあ

旦「頑張った、よう頑張ったわ!」


分娩台に上ってから
30分足らずの出来事でした。

banner_02.gif←産まれたての息子を見た瞬間から
←大量のアドレナリンが止め処なくワタシに降り注ぎ、明日へ続く
COMMENT : 6
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

矛先さまざま

どうも、産まれたては儚げで
どこもかしこも、折れてしまいそうだった息子が
膝はしわくちゃ、手は赤紫だった息子が

今朝方
敷布団の端から、頭を落としそうになっていたのを見て

ぎゃっ!!

と叫んだママン、もてぃこです。こんにちは。

すっごくキック力が強いです。ウチの息子。
抱っこしていても、誰の手からも、飛び出していこうと
足を突っ張り首をのけぞり、イナバウワーをし。

果てには
横にしていても自分で布団を蹴って、頭一つ分
頭上に移動できるなんて。
ベビーベッドだったら、柵に激突してたよ、あんた。


1ヶ月未満の新生児の戦闘力を、なめてました。

ママンのこめかみについていたスカウター
ボンッ!って故障しちゃったYO☆


さて

陣痛も2,3分間隔になり、
子宮口さえ開けば、分娩室がぐっと近くなる頃

前日の看護師の言葉が蘇る。

「15時には産まれてるわよ」

うそつき。(緒川たまきで)

14時に2度目の子宮口開きを行われた時点で
その開きは6~7センチ。

1時間に1センチならあと2,3時間は確実にかかる。
やっぱり計画分娩とはいえ
初産婦は時間がかかるんでしょうよ。


だったら最初っからそう言えよ(怒


とか まぁ

痛さにより凶暴化が増すワタシ。

案の定
15時にも子宮口は広げられ
7~8センチに。

促進剤の滴下速度は更に更にあげられ
スパートをかけているな、という様相を呈してきて

お腹の張りもより強く、より長く
肛門の痛みもより強く・・・。

陣痛と戦い続けた妊婦もてぃこ。
さすがに体力がなくなってまいりました。

座っていた体勢から、ベッドに横になり
陣痛と陣痛の合間には
うとうとしちゃったり。
(不思議なことに、ものすごく痛い合間に寝れてしまうのです)

しかし

横になると、削られる体力を温存することはできても
大きな問題が一つ。

テニスボールで肛門を押さえられない

そこで

特命肛門係長 旦那ちゃん

出動。

さぁ
やってきましたよ!大きな波が!!

「いぃいいい!!!!あっ!あぁっ!!ぷぎー!!」

叫びながら

ワタシはお腹と腰を、さすさす。
母も腰を、さすさす。

旦那ちゃん、肛門を・・・・

ん??んんんん???



旦那ちゃん、二者択一で
↓コマンドを押した!!!


「ちっがっ!!!!・・・ああああああ!!!」

残念!!不正解!!!


「はぁ・・・はぁ・・・下って言ったらこっち(←)でしょ!」

「(しらねーよ!)」

ということで
理不尽に怒られた、肛門大臣旦那ちゃんは
合間のワタシが静かな時間に

「ここ?」

と肛門の位置を聞き、そこにあらかじめ指を添え
ポジション確保しておく、という
対策を講じ、1,2分間隔になったワタシの肛門と
根気強く格闘するのでした。


格闘すること1時間。


16時頃
肛門ごとウン●を出したい痛みから

お股のすべてが開いて、何かが出そう!!!
という感覚に変わり、痛みがマックスに。

思わず、廊下中に聞こえる声で

「で、でる~~~~~~!!!」

と叫んだワタシ。
飛んできた助産師K田さん。

「もてぃこさん!子宮口9センチだけど、分娩室行きましょう!!」

saigonotoride.jpg

最後の砦へ。

風船2回目<前駆陣痛<10時、10時半の陣痛<<風船1回目<12時半の陣痛<人工破水<<<<<<<センサー付け<13時、14時の陣痛<子宮口開き<15~16時の陣痛<<<分娩室直前の陣痛

banner_02.gif←モニターの数字はマックス120くらい。
←当然、その数値を実況する旦那ちゃんのうざさも、マックス120くらいにW
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 出産 | THEMA : 初めての妊娠・出産・育児 | GENRE : 育児 |

プロフィール

もてぃこワイフ

Author:もてぃこワイフ
松坂世代。

1月6日に産み落とし
マイペースで育つわんぱく息子と
優しくて人の話を聞き流す旦那と
3人4脚で人生の荒波を超えているママン。

息子が大きくなったらアレを食べよう
と、食べたいものを目標に頑張って生き抜いています。


1565.jpg

調子こいてすくパラはじめました。


↑↑↑↑↑↑
常連嫁っこんちの理髪店、開店準備ブログ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (0)
はじめに (2)
妊娠発覚 (2)
妊娠初期 (24)
閑話休題 (5)
妊娠中期 (37)
妊娠後期 (30)
出産 (20)
0ヶ月~6ヶ月 (42)
7ヶ月~12ヶ月 (9)


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


Copyright © *育児コロシアム* All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。